« アジサイが 「まだ梅雨なんでしょ」 と咲き始めた | トップページ | 「机に座る」 という言い方 »

2017/08/07

加計学園問題をみる基本的な視点

加計学園問題で、安倍首相の政治私物化が悪いと叫ぶ人は、文科省の前川・前事務次官を全面的に擁護する。一方で、元々獣医学部は足りなかったのだから、獣医学会と文科省が死守しようとしている 「岩盤規制」 こそが悪いのだと叫ぶ人もいる。

1708078_2

両者とも 「自分の側が全面的に正しく、相手は間違っている」 とのスタンスなのだが、これ、きちんと分けて考える必要があるよね。安倍首相と加計学園が悪いのだから、獣医学部新設なんて認めないというのが極論なら、獣医が足りないのだから、獣医学部を新設しようとする加計学園は救いの神であるとするのも同様に極論だ。こんなの、ちょっと考えれば当たり前のことなのに、どうしてごっちゃにして語られてるんだ。

獣医が足りないというのは、事実なのだろう。そして、獣医学部新設に手を挙げたのが加計学園しかなかったというのも、何だかちょっとアヤシいが、まあ、事実としておこう。しかし正式に獣医学部新設を認めてきちんと公募すれば、ほかに出てきても不思議ではない。

問題は、初めから内輪で 「加計学園ありき」 で進められてきたことである。こんなにもあからさまに 「加計学園で決まりだよね、何しろ安倍首相のお友達だし」 という空気が充ち満ちていたのだから、ほかに手を挙げるところが見当たらなかったというのも仕方がない。

獣医学部の新設提案について、内閣府が一昨年に愛媛県と今治市をヒアリングした際、加計学園幹部が同席していたのに、議事要旨に記載がなかった (参照) というのは、いくらなんでもひどすぎる。初めからストーリーは決められていたのだ。公正なプロセスなんて期待できなかったのである。

愛媛県でとくに獣医師不足が顕著で、今治市での新設が望まれていたという指摘もあるが、大学生なんて、卒業したらどこに移って就職するかわからないのである。だから立地が今治市でなければならないという理由はない。

マスコミやネット界隈の論調というのはともすると、一方が正しくて他方が間違ってると決めつけたがるところがあるが、世の中、そんなに単純なものなら苦労はない。規制緩和は一つの課題ではあるが、だからといって、こんなにもアヤシすぎる加計学園を擁護する理由にはならないし、安倍首相のスキャンダルを放置するわけにもいかない。

で、今、より問題にしなければならないのは、安倍首相の 「政治私物化」 であるというのも明らかではないか。獣医師不足を安倍首相の免罪符に使おうなんていうのは、あまりにも甘すぎる。

|

« アジサイが 「まだ梅雨なんでしょ」 と咲き始めた | トップページ | 「机に座る」 という言い方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まぁ安倍のおっさんが、謙虚っぽく言えば言うほど、京産大がうかばれません。

「足らない方の獣医!」

今治で作る方は是非、鳥インフルエンザとか狂牛病とか豚コレラとか、畜産専門ってかそっちの方が困ってるらしいんで、TPPとか決まる前に、ナントカしてください。


(メートル上がり者なんで言いたいことをオブラートに包んで言いました)←ハァ?

投稿: 乙痴庵 | 2017/08/07 23:41

痛いところを突かれた時ほど、別の話題にすり替えたいのでしょうね。
加計学園認可で文科省に圧力がかかったことと、事務次官がいかがわしい店に出入りしてたり職にしがみついたりしたことは、全くの別問題だと思います。

投稿: らむね | 2017/08/08 18:20

乙痴庵 さん:

京産大は、「こりゃ、裏で決まってるんだから、勝ち目ないな」と思ったんでしょうね ^^;)

投稿: tak | 2017/08/08 19:57

らむね さん:

>痛いところを突かれた時ほど、別の話題にすり替えたいのでしょうね。

裏工作でストーリーを決めるのは、「岩盤規制」より問題ですよね。

投稿: tak | 2017/08/08 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65631245

この記事へのトラックバック一覧です: 加計学園問題をみる基本的な視点:

« アジサイが 「まだ梅雨なんでしょ」 と咲き始めた | トップページ | 「机に座る」 という言い方 »