« 600万アクセス達成で 「書くことの意味」 を考える | トップページ | 手書きの重要性 »

2017/09/06

何と書いてあるか読めない看板

先日は 「キャッシュ・アンド・キャリー タジマヤ」 のラジオ CM という、「何と言ってるかわからない CM」 について書いたが、一方で 「何と書いてあるかわからない看板」 というのもある。その一つが、時々通る丁字路の交差点にあり、赤信号で停まっている時に真正面近くに見えて、かなりモヤモヤしていたのである。

170902_2

いや、実は読み方の答えはわかる。というか、下の方にローマ字で "ENYA" と書いてあるので、「えんや」 という店なのだろうということまでは想像がつく。しかし、この大きなロゴは、なんだか桜の花びらが散らばったようなイメージで、「無理矢理読んだら 『くん'ロ人ヒや』 かなあ?」 なんて思うばかりだ。どんなウルトラ C を使えば 「えんや」 と読めるのか、さっぱりわからなかったのである。

しかし最近、白内障の手術をして遠くがはっきり見えるようになったおかげで、長年の疑問が解決した。看板の下の方に小さく 「炭火焼肉弁当 炎や」 と書いてあるのが判読できたのである。そうか、このわけのわからないのは 「炎」 という字のつもりだったのか! 「炎や」 で 「えんや」 だったのか!

と、驚いたのが、先月の終わり頃だった。ところが今月初めに通りかかった時には、それをすっかり忘れてしまっていて、「ありゃ、一体何と読むんだっけ?」 と焦ってしまった。その時は赤信号でずっと後ろの方に停まっていて、下の方の小さな字が判別できなかったのだ。

恐ろしいことに、一度は 「なんだ、そうか!」 と納得したはずの読み方が思い出せないのである。これ、年のせいだとしたらショックだなあ。青信号になってそろそろと前進しながら、ようやく小さな字を読むことができて、「そうそう、『炎や』 だったんだよね」 と思い出した。

しかしことほど左様に、この看板の字は読めない。これでは看板として十分に機能しているとは言えないだろう。あるいは、「読めない看板」 ということで印象づける戦略だとしたら、肉を食わない私なんかが取り上げるほどだから、成功と言えるかもしれない。

|

« 600万アクセス達成で 「書くことの意味」 を考える | トップページ | 手書きの重要性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65753468

この記事へのトラックバック一覧です: 何と書いてあるか読めない看板:

« 600万アクセス達成で 「書くことの意味」 を考える | トップページ | 手書きの重要性 »