« 新しい iPhone の発表で思ったこと | トップページ | 大磯町の給食問題に見る 「食べ残しの集団心理」 »

2017/09/16

カメムシの話

一昨日の和歌ログは、カメムシについての歌だった (参照)。外出先から帰宅したら、クルマのボンネットにカメムシがひっついていたのである。どこかから飛んできたのか、あるいはクルマの移動中にひっついて、そのまま連れて来てしまったのか、とにかく、久しぶりでカメムシに遭遇したのである。

170914w

カメムシという虫に出会ったことのない人は幸いである。というのは、邪険に追い払ったりすると、突然ものすごく臭い体液を放出するのだ。ましてや、間違えて踏んづけちゃったりしたら大変だ。「ヘッピリムシ」 という異名まであるのだから、その嫌な臭いが想像されるだろう。

だから、ちょっと 「怒り肩」 風の茶色や緑色の小さな虫を見かけたら、あまり強引に追い払ったり潰したりしない方がいい。一昨日は放っておいたところ、いつの間にかどこかに飛び去ってくれたので安心した。

というわけで、私の中では 「カメムシって、嫌な奴」 と思い込んでいたのだが、徳島博物館の 「カメムシのはなし」 というページを読んで、認識を新たにした。カメムシには、「よいカメムシ・わるいカメムシ・ただのカメムシ」 があるのだそうだ。

ちなみに、この写真のカメムシは 「クサギカメムシ」 といって、豆類を食い荒らす害虫だそうだ。逆に 「ハナカメムシ」 の仲間は害虫を補食してくれる益虫らしい。そして意外なことに、セミやタガメもカメムシの仲間なんだそうだ。確かに、似ていると言えば似ている。そして彼らは 「ただのカメムシ」 ということになっているのがおもしろい。

とはいえ 「よいカメムシ・わるいカメムシ・ただのカメムシ」 と色分けしても、それはひたすら人間の都合で言ってるだけだ。人間というのはかくも勝手なもので、当のカメムシにすれば余計なお世話なんだろう。かまわず放っといてもらうのが一番と思っているはずだ。

人間でも 「いい人」 と 「悪い人」 というのがいて、お隣の半島の北側の太った人は、世界有数の 「悪い人」 扱いされている。カメムシと違うのは、世界中から かまってもらいたがっているらしいという点だ。最もうっとうしいタイプである。

|

« 新しい iPhone の発表で思ったこと | トップページ | 大磯町の給食問題に見る 「食べ残しの集団心理」 »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

小学生の頃、緑色のカメムシを怒らせてしまいまして、ひどい目に遭いました。怒らせてはいけないものの内のひとつですね。

ところで、MS-IMEで「かめむし」と入れても、「亀虫」「椿象」には変換されませんね。

投稿: ハマッコー | 2017/09/17 01:11

ハマッコー 様:

緑色のカメムシもいますね。印象では、茶色よりも臭い気がします。エラい目に遭いましたね ^^;)

私は Atok を使ってますが、ちゃんと 「椿象」 「亀虫」 と変換されます。MS-IME は、所詮 Windows の 「オマケ」 だと思っています。

投稿: tak | 2017/09/17 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65794435

この記事へのトラックバック一覧です: カメムシの話:

« 新しい iPhone の発表で思ったこと | トップページ | 大磯町の給食問題に見る 「食べ残しの集団心理」 »