« 私も敬われていいらしい 「敬老の日」 | トップページ | 宝くじは 「夢を買う」 のだという大衆心理 »

2017/09/19

「自分の都合解散」 と名付けたい

安倍首相が今月末の臨時国会冒頭での衆院解散を行う意向と報道された。決して唐突というわけではなく、前からするだろうとは言われていたが、「なんでまた、こんな時に?」 と、大方と同じ疑問を抱いていた。しかしまさに単純素朴に解散するとなって、「要するに自分の都合で解散するわけね」 と、納得した。それ以外の理由は考えられないものね。

1709192

というわけで、個人的には 「自分の都合解散」 と名付けたいわけなのである。

人間というのはなかなか勝手なもので、権力を握ってしまうといくら周囲に不都合が生じようとも、自分の都合の方を優先させてしまうものだと、今回の解散報道でよくわかった。多少なりともエレガントさがあれば、こうした傲慢さは引っ込められるのだろうが、安倍首相にそれを期待しても無理のようだ。

私の政治的立場は、一言でいえば 「リベラル保守」 だと思っている。今の日本の政治状況における悲劇は、リベラル保守もウルトラ保守も、自民党という一つの器に集約されていることだ。民進党は 「頼りないリベラルと頼りない左翼の寄せ集め」 に過ぎないのが悲しい。

自民党の中にはちゃんとリベラル保守もいるというのに、ウルトラ保守と一緒になって選挙する方が当選できると思っているので、これまた 「自分の都合」 でやっている。要するに政治というのは、大義名分よりも自分の都合で動くのだね。

本来ならそうした勝手な人たちにはお引き取り願いたいのだが、金輪際そうはならない。政治家たちの都合と自分の都合が一致する少数の人たち (いわゆる 「支持層」 ってやつね) が積極的に投票し、一致しない人たちはシラけて投票しないから、こうした状況がずっと続いている。

まったくもって、困った話である。

|

« 私も敬われていいらしい 「敬老の日」 | トップページ | 宝くじは 「夢を買う」 のだという大衆心理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

衆議院議員の任期の半分が過ぎて選挙の顔に選んだはずの党首はもういない。
選挙になったら一番大事な幹事長予定者は、国や党の将来を同志と共に議論するより逢瀬を優先して離党した。

こんなチャンスはない!と思われたのでしょうな(溜息)

投稿: ちくりん | 2017/09/20 08:13

「アベ辞めろ!」とか、「独裁を許すな!」とかのボード掲げている「こんな人たち」の報道が中心で、その「こんな人たち」に同調している野党の一部の方々。

行動することは否定しませんが、「これからどうする」の指針がイッコも伝わってこない。
伝えられない(指針ない)のか、伝わらない様に(情報操作?)しているのかわかりませんが、対案出すべき仕事の人がアレでは…。


一方まったく議論のない状態で「国民に真を問う」と言われても、それでは職務放棄ですわなぁ〜。

「職務放棄のため選挙戦費用の差し止め」の仮処分申請と、「職務放棄による国政の停滞で発生する費用の返還」と、「精神的苦痛を被った損害賠償金の請求」を理由に、原告国民で民事訴訟を起こそうかしら?と、来年度1発目ならぶち上げるんですが…。

投稿: 乙痴庵 | 2017/09/20 12:29

ちくりん さん:

まさに、自民党にとっては 「一番いい時』なんでしょうね ^^;)

投稿: tak | 2017/09/21 06:33

乙痴庵 さん:

まったく、訴訟おこしたいぐらいの、「余計な負担」に思えます。

投稿: tak | 2017/09/21 06:34

”解散権”て日本国憲法には規定がないそうですよ。
天皇の国事行為として解散の発表がある(記載)→天皇の国事行為には内閣の助言と承認が必要(記載)→ゆえに内閣には解散を決定する権限がある(解釈)、という三段論法だそうです。
そんなあほな、と思いました。
それじゃあ、法律の公布だって国事行為だから、法律を作る権限も内閣が持ってることになってしまいません?

私の個人的な考えですが、法律などの骨子を解釈で骨抜きにする日本独特の習慣、どうしても好きになれません。
戦力不保持→必要最小限の戦力は認められる、という解釈。
必要最小限→当時仮想敵国だった超大国ソ連に対抗できるだけの軍備である、という巨大解釈。
道路整備のために臨時にガソリン税を上乗せする→臨時がいつまでとは書いてないから何十年も続ける、という詭弁。
復興予算は被災地の復興等に使われる→”等”て書いてあるから沖縄の県道整備に使ってもOK、という詭弁。

全てが悪いとは思いません。
ですが堂々と、明確に、正式に、必要な議論をちゃんとして、定めてほしいものです。

長文すみません。
普段こういう話ができる人が身近にいないもので、ついtakさんに聞いていただきたくなってしまいます。

投稿: らむね | 2017/09/25 22:11

らむね さん:

菅官房長官が「衆議院解散総選挙というのは総理大臣の専権事項」と、木で鼻をくくったような答弁をしていますが、「紛れもない専権事項なんだから、誰にも文句を言わせねえよ!」 とばかりに、啖呵を切るようなものでもないはずですよね。

形式的であるにしろ、こんなようなことで 「詔書」 を公にしなければならない天皇陛下がお気の毒です。

その他、まさに諸々の 「ご都合主義」 がまかり通りすぎですね。

投稿: tak | 2017/09/26 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65809972

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分の都合解散」 と名付けたい:

« 私も敬われていいらしい 「敬老の日」 | トップページ | 宝くじは 「夢を買う」 のだという大衆心理 »