« 高速道路上の 「煽り」 問題を、ちょっと別の視点から | トップページ | 松茸が不作なんだそうだが »

2017/10/19

「排除の論理」 への反発って、一体何なんだろう

衆院選の投票日が間近に迫っているが、希望の党の失速傾向が顕著なんだそうで、結局のところ、自民・公明の与党が安定多数を占めるものと予想されている。そんなことを言われると、私としてはもう馬鹿馬鹿しさを通り越してしまう。

1710192

とはいえ、私はさっさと期日前投票を済ませている。土日祝日が休みというような勤め人ではないので、週末に地元にいられることが少ない私としては、フツーの投票日に投票したことが、ここ 10年で多分 1〜2度しかないと思う。

巷の報道によれば、希望の党失速の要因は、小池さんの 「排除の論理」 への反発なんだそうだ。時事通信は "玄葉氏、「排除なければ 200議席」=小池氏発言に恨み節 【17衆院選】" というニュースを伝えている。

私自身は、希望の党には複雑な思いを抱いていた。小池さんの政治理念は安倍政権とそんなに変わるところがなく、「結局は自民党だった人だもんね」 と思ってしまうのだが、先月頃までは 「安倍政権の議席を減らすには、希望の党に投票するしかないかも」 なんて思っていた。

先月 29日の 「今は 「希望の党」 の推移を見守るしかないのかなあ」 という記事も、そんなような煮え切らないスタンスで書いている。ただ、この時点では希望の党はまだそんなにイメージを下げていなかった。おかしくなったのは、その後の半月足らずのことである。

その要因が、小池さんの掲げる具体的政策にあるのではなく、「排除」 という一言への反発だというのだから、これまた 「なんだかなあ」 と思ってしまうのである。この件に関して、私は上述の記事でこんな風に書いている。

私は当初、「希望」 としても数は欲しいから民進党系を最大限受け入れるんじゃないかと思いつつ、しかしそれでは、後になってから内輪もめで内部崩壊につながる可能性が高いと危惧していたのである。小池さんとしては、初めからその危険性を包含したスタートはしないというわけだ。まあ、「彼女的には賢明」 なスタンスだろう。

ところが世間というのはおもしろいもので、近い将来の破綻につながる要素を冷静に避けるという姿勢に、ほとんど情緒的に反発しているわけだ。よほど 「仲良しこよし」 が好きなようなのである。民進党がそんなような曖昧なスタンスで失敗したのを目の当たりにしたくせに。

まあ、もう投票は棲んじゃったから、個人的にはどうでもいいけどね。ちなみに考えの整理が付いたので、希望の党へは投票せずに、すっきりとした気持ちである。(参照

|

« 高速道路上の 「煽り」 問題を、ちょっと別の視点から | トップページ | 松茸が不作なんだそうだが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まったく、その通りですねえ。
「排除」という言葉に反発して不支持に回った人は、小池さんが「私たちの考え方に賛同してくれる方をお迎えします」と言っていたら、今でも支持の側なんでしょうか、と思ってしまいます。
私は、takさんのおっしゃる通り小池さんが価値観の違う仲間を入れてしまう危険性を排除するのは至極当然のことで、この程度の言葉遣いで支持・不支持が変わることは無いです(豊田レベルは別)。
多分私はリベラルで(厳密ではないです)、今回立憲民主に投票しますが、乱暴に言ってその理由は「枝野さん、あっぱれ!」ですね。

投票日、台風来そうですが、期日前には行っていません。
濡れながら当日行きます。
理由は、期日前というだけで、投票所で住所・氏名・当日投票できない理由などなど、書かされることに納得がいってないからです。
なんで、単に投票はがきを出すだけで出来ないんですかねえ。

投稿: らむね | 2017/10/19 21:46

連投すみません。
私が小池新党不支持になった決定的な件は、細野さんの「三権の長の経験者は辞退していただく」という発言ですね。
無論、小池さんも同じ考えなのだと思います(あるいはそういうやりとりがあったのかも)。
一気に冷めました。
なんだそれ、大物がくると自分たちが主導権を握れないから来るなってミエミエじゃないか、っていう。

投稿: らむね | 2017/10/19 21:52

希望の党に陰りが出てきたのは、小池さんの人と成りが見えてきたからだとみています。特にネット上では小池氏の嘘つきぶりが暴露されていますね。

昔からあの人は同一政治家のことを激賞したかと思えば、よそでこき下ろしたりとひどいものです。

またマイクを持つとその場で思いついたようなことを恥ずかしげもなくぺらぺらと喋りますね。
 最近の例では、池袋でだったかこんなこと言ってます。
・人生百年時代、百歳まで勉強できる大学を作る努力をしています。老人パスでなく学割の定期券を持って電車に乗った方がいいと思いませんか?
(オイオイ、百歳まで生きる人なんてごくごく僅かだろ、それに自分で歩ける人なんてさらに少ない、そもそも80歳過ぎて学校に通って勉強したいなんて人がどれだけいるんだろう、多分いない。大学の開設に努力していると今言ったけどたった今思いついただけだろ?)

 都知事選の時、こんなことを言ってましたね。
・通勤電車を二階建てにしてホームも二階建てにする。満員電車をなくす。
(これを荒唐無稽という、都知事就任後全く進展なし、本人もすっかり忘れている)

挙げればきりがない程言いっぱなし、嘘があります。
林真理子氏も「あれほど堂々と嘘をつく人は他に知らない」と言ってますね。
有権者が一気に彼女の人と成りに気が付いたということでしょう。

これをもってメディアは、自民圧勝の勢いと報道して安倍おろしに必死ですね。自民党には迷惑な話ですね。

投稿: ハマッコー | 2017/10/19 22:25

らむね さん:

>理由は、期日前というだけで、投票所で住所・氏名・当日投票できない理由などなど、書かされることに納得がいってないからです。

そう。あれは不愉快ですね。とくに当日投票できない理由なんて、別にどーでもいいじゃん! と思ってしまいます。
「今日、たまたま気が向いたから来ました」 で、何が悪いんでしょうかね。

まあ、小池さんに関しては、思ったより早くメッキがはげてきたって感じですね。

投稿: tak | 2017/10/19 23:14

ハマッコー さん:

小池さん、「機を見るに敏」 で。「そつのないトークと微笑」 がアドバンテージだったんですが、ちょっと 「スキ」 が出て、一気にメッキがはげてしまいましたね。

通勤電車の 2階建てについては、常磐線で一部実現していますが、ホームまで2階建てというのは、まったく意味ないですね (^o^)

投稿: tak | 2017/10/19 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65936652

この記事へのトラックバック一覧です: 「排除の論理」 への反発って、一体何なんだろう:

« 高速道路上の 「煽り」 問題を、ちょっと別の視点から | トップページ | 松茸が不作なんだそうだが »