« 北朝鮮漁船の漂着したのは、私の故郷のすぐ北隣 | トップページ | 貴乃花という人の、貴重なキャラ »

2017/11/26

サグラダ・ファミリアの思い違い

私は毎日新聞朝刊に連載されている漫画 『桜田です』 のファンで、このコラムでもこれまでそれについて 2回も書いている。("漫画 『桜田です!』 が好きだ" "毎日新聞朝刊の 「サクラダ・ファミリア」(聖なる桜田家)")

171126

ファン心理が昂じて、2度目のものは "毎日新聞朝刊の 「サクラダ・ファミリア」"などと、「聖なる桜田家」 扱いにしているほどだ。ところがこの件で、「あれは 『サクラダ・ファミリア』 じゃなくて、濁点の入る 『サグラダ・ファミリア』 だよ」 と忠告してくれる人がいて、ちょっとコケかかった。

スペインの (というか、ビミョーな時期なので 「カタルーニャの」 としておく方がいいかも) 「サグラダ・ファミリア」 が、「サクラダ…」 ではないことぐらい百も承知の上の洒落のつもりだったのだが、通じなかったようなのである。これだから洒落も案外難しい。

ところで、ふと思い立って、「サクラダ・ファミリア」 でググってみるとどうなるのかと、ちょっとやってみた。検索は 「サクラダファミリア -サグラダ」 とした。「サグラダ」 という正しい表記を除外して、純粋に 「サクラダ…」 だけが検索されるように計らったのである。

で、その結果は、なんと 108万件が引っかかったのである (参照)。すごいなあ。トップにあるのはなんとまあ、「サクラダファミリア ツアーに関する海外ツアー」 というタイトルの阪急交通社のツァー情報だ。うぅむ、海外ツァーのプロにしてこの始末か。4番目にある 「サクラダ・ファミリアの賃貸物件情報 (山形県山形市/アパート)」 というのは、ちょっとアヤシい物件じゃないかと思われかねない。

どうやら日本には、あのアントニオ・ガウディによる教会建築が 「サクラダファミリア」 だと思っている人がかなり多いようなのである。まあ、スペイン語の "sagrada" (神聖なる) は英語の "sacred" と語源を同じくしているので、間違えてもしょうがないという気もするけどね。

|

« 北朝鮮漁船の漂着したのは、私の故郷のすぐ北隣 | トップページ | 貴乃花という人の、貴重なキャラ »

言葉」カテゴリの記事

コメント

いっそのこと、警視庁の建物を「桜田ファミリア」と呼んでしまおうかと。

(ボケ担当)

投稿: 乙痴庵 | 2017/11/27 08:59

乙痴庵 さん:

なんか、日本版マフィアみたいなイメージになっちゃいますね ^^;)

投稿: tak | 2017/11/27 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66085591

この記事へのトラックバック一覧です: サグラダ・ファミリアの思い違い:

« 北朝鮮漁船の漂着したのは、私の故郷のすぐ北隣 | トップページ | 貴乃花という人の、貴重なキャラ »