« サグラダ・ファミリアの思い違い | トップページ | オフィスの書類キャビネットのパラドックス »

2017/11/27

貴乃花という人の、貴重なキャラ

マスコミは連日大相撲の日馬富士暴行問題を取り上げているが、私はこの問題そのものには一向に興味が湧かない。ただ直接的には興味が湧かないものの、貴乃花のファッション・センスに関しては、「この人、やっぱりずいぶんエキセントリックな御仁だなあ」 と、なかば宇宙人を見るような思いで見入ってしまう (参照)。 ネット界隈でも、「マフィアとしか思われない」 なんて話題でもちきりだ (参照)。

171127

ジョークの通じない日本では、「ワースト・ドレッサー」 というのはほとんど馴染みがないが、要するに 「ベスト・ドレッサー」 の対極で、「やたらお金がかかっていそうだけど、センスがちょっとね」 という感じの有名人に送る賞である。この賞が日本にもあったなら、今年のワースト・ドレッサーは文句なく貴乃花になってしまうだろう。

ただ問題は貴乃花本人が相撲原理主義者で、ジョークなんてほとんど通じない人間と思われることだ。この賞、もらう人間がジョークを解さないと、まったく意味をなさない。ジョークを解さないであの格好ができるというのは、本当に貴重なキャラである。

この人、一緒に酒を飲んでも、全然つまらないだろうなあと思ってしまうのだよね。貴乃花のキャラでは、今回の問題はこじれるしかないだろうが、私としてはこじれるのが悪いと言っているわけではないので、その点は誤解のないようにお願いしたい。むしろこじれにこじれる方がいいかもしれない。

|

« サグラダ・ファミリアの思い違い | トップページ | オフィスの書類キャビネットのパラドックス »

世間話」カテゴリの記事

コメント

彼に ”ワーストドレッサー賞” なる栄誉を与えたら、無視するでしょうが、内心 ”それが私だ、何か?” とかわすでしょうね。

母親も呆れてるようですが、サングラスにマフラーをなびかせてまるで親分ですね(実際親分ですが)
ああいうキャラは好きですね。 

”三振王” は一流選手の証。
”もっとも抱かれたくない芸人” は一流芸人の証。
”ワーストドレッサー賞” だとしたら celebrity の証。

我が道を行け貴乃花。


投稿: ハマッコー | 2017/11/27 22:14

ハマッコー さん:

近頃は 「薔薇の木に薔薇の花が咲かない」 時代になって来たんでしょうかね。

(北原白秋ではありません)
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p580277040

投稿: tak | 2017/11/28 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66090381

この記事へのトラックバック一覧です: 貴乃花という人の、貴重なキャラ:

« サグラダ・ファミリアの思い違い | トップページ | オフィスの書類キャビネットのパラドックス »