« 私の 「スマホ依存」 は、案外軽度であるらしい | トップページ | "Office 2011" から "Office 365" に乗り換えた »

2017/12/06

近江と遠江という 2つの国

知り合いに近藤さんと遠藤さんという人がいて、どちらも同じような仕事をしているのでややこしい。地名でも、これは旧律令国名だが、「近江」 と 「遠江」 というのがある。下の地図では残念なことに 「遠江」 のふりがなが 「とうとうみ」 となっているが、「とおとうみ」 が正しい。さらに言えば、旧仮名では 「近江」 が 「あふみ」 で、「遠江」 は 「とほたふみ」 となる。

171206

遠江の国とは、今の静岡県西部にあたり、長門国を 「長州」、甲斐国を 「甲州」 というのと同様に、「遠州」 とも言った。広澤虎三の浪曲で 「遠州森の石松」 というのが有名になっているが、遠江の森というところの生まれということになっている。ただし、実在したかどうかは怪しいらしい。

遠江は、近江 (今の滋賀県) とワンセットの地名であるとは、昔から言われていることだ。つまり、琵琶湖が都のある畿内から近い湖なので 「近い淡海」 という意味で 「近つあはうみ」 と言われていたのに対し、浜名湖は 「遠い淡海」 ということで 「遠つあはうみ」 と呼ばれ、それがそのまま地名の 「とほたふみ」 - 「とおとうみ」 になった。

まあ、ここまではよく知られていることだが、私はこれまでずっと 「浜名湖は 『淡海』 (淡水湖) じゃなくて、海水と混じり合った汽水湖なんだがなあ」 と疑問に思っていた。「看板に偽りあり」 というわけである。

ところが、最近たまたま機会があって調べてみたところ、浜名湖は昔は本当に 「淡海」、つまり淡水湖だったということがわかった。地名は嘘じゃなかったわけである。Wikipedia の 「浜名湖」 の項目に次のようにある。

もとは砂州によって境される淡水湖が 1498年の大地震と高潮により、砂州が決壊し外海と通じ、汽水湖となった。

より詳しくは、次の記述がある。

浜名湖は海に近い湖であったが、湖面の方が海面より高く、浜名湖より流れ出る川を海水が逆流するようなことは無かった。
しかし、明応 7年(1498年)に起きた明応地震やそれに伴う津波により、浜名湖と海を隔てていた地面の弱い部分(砂提)が決壊し現在のような汽水湖となった。

へえ、知らなかった。とすると、浜名湖の 「遠つ淡海」 は、「都から遠くにある淡海」 という元々の意味の他に、図らずも 「遠い昔は淡海だった」 という意味までもってしまっているのだね。

|

« 私の 「スマホ依存」 は、案外軽度であるらしい | トップページ | "Office 2011" から "Office 365" に乗り換えた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

弟「古文わかんない」
私「読んでみ」
弟「きんえの○○が・・・」
私(ん?近衛のことか?)「ちょっと見せてみ」
!『近江』!

当時からどっぷり信長の野望なんぞにハマっていた私としては、「おうみ」ってフツーは読めないんだ、ということに衝撃を受けたのを思い出しました(弟ごめん)。

湖の歴史ネタなら、「巨椋池」「古代琵琶湖」なんかも面白いです。

投稿: らむね | 2017/12/08 11:20

らむね さん:

うぅむ、「近江」 はフツーだと思ってましたがねえ ^^;)

これが 「きんえ」 だったら、「常陸 (ひたち)」 なんか、ほぼ確実に 「じょうりく」 ですね。

さらに 「美作(みまさか)」 は 「びさく」、「周防(すおう)」 は 「しゅうぼう」、「伯耆(ほうき)」 は 「はくムニャムニャ」。

投稿: tak | 2017/12/08 16:09

返信に返信してすみません。
私、文学部史学科東洋史専攻なんですが、日本史専攻のクラスメートが「三河をサンガって呼んで教授に怒られた奴がいる」と言ってたのを思い出しました。
えー?それはなかろう、と思ったんですが、話を聞くと本文では「参河」と書いてあったようで、それだと前後の文脈次第で私も読み間違えるかなあと感じました。
いずれにせよ日本史専攻の科目でのことなので、予習不足は否めないですけど。

投稿: らむね | 2017/12/09 03:34

らむね さん:

昔の地名は、いろいろ気紛れとしか思われないような表記が混在しますよね。「参河」 の 「参」 は、「三」 の代わりなんでしょうね。格式張った領収証に書くときみたいな。

「因幡」 もその昔は 「稲葉」 だったらしいし、そんなような例は、思い出せないほど沢山あります。

投稿: tak | 2017/12/09 11:52

夏の終わりに引越しをする際、業者のスタッフさんとの顔合わせのときです。

最後に紹介されたスタッフさんが、小柄で目鼻立ちの通った女性で「トーマスさん」と呼ばれました。

まあ早とちりですが、炎天下作業でしっかり日焼けされた目のクリクリっとした女性を、勝手に外国から来られた方としばらく勘違いしておりました。

はいそうです。
その女性は「遠松さん」でした。

近江遠江のお話で思い出された一席のお粗末。

投稿: 乙痴庵 | 2017/12/11 20:41

乙痴庵 さん:

「近江/遠江」のワンセットがあって、「近藤/遠藤」 という組み合わせもあるのは、OK でしたが、「近松/遠松」 というのは、かなり意表を突かれました。

「遠松門右衛門」 って人もいそうで...... ^^;)

投稿: tak | 2017/12/11 23:19

では、「遠江俊子」さんにもお出ましいただきましょうか。

(読みとフリガナがたいへん…)

投稿: 乙痴庵 | 2017/12/12 05:59

乙痴庵 さん:

その旦那が、「遠江スシロー」 だったりして。

(このネタ、若い人にはわからないだろうなあ)

投稿: tak | 2017/12/12 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66126519

この記事へのトラックバック一覧です: 近江と遠江という 2つの国:

« 私の 「スマホ依存」 は、案外軽度であるらしい | トップページ | "Office 2011" から "Office 365" に乗り換えた »