« 「反射式石油ストーブ」 というのを買った | トップページ | "SHOO・LA・RUE" という名のブティック »

2018/02/10

春の日射しを味わっている

立春が過ぎても日本のあちこちで寒さが続いているが、ここ関東は、日のあるうちは少しは温かい陽気になりかけている。北陸の大雪に難儀している方々には気の毒だが、ここ、筑波の里は何となくいい気持ちだ。

180210

上の写真は、裏の川に集まる鳥たちである。明るい日射しを反射する川に降り立ち、川底の虫を啄んでいる。この 2〜3日は、夜明け前の最低気温も零度となって、マイナスの付く気温ではなくなった。来週あたりからまた寒波が復活すると言われているが、今のところは少しはしのぎやすい。

再来週は北海道に仕事で行くことになるので、今のうちに早春の温かさを味わっておこうと思う。今日のことろはこれにて。

|

« 「反射式石油ストーブ」 というのを買った | トップページ | "SHOO・LA・RUE" という名のブティック »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

鳥さんたちの脚は、体とは別の熱代謝を持っているらしく、冷たい水に脚を突っ込んでも耐えられるらしいですが、こんな声が聞こえてきそうですね「もうあんまり寒くないねぇ」「こっちに川虫がたくさんいるよ」「あっほんとだ!うれしい!」「もう少し上流のほうに行ってみようよ」「うん!」
いやぁ、春は近いっすな(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)o。

投稿: のうさぎちゃん | 2018/02/10 21:13

水鳥が動くと言うことは、寒流下の川虫も動き始めたってことですねぇ。(のうさぎちゃんさんに乗っかって)

春だねぇ。

日本人的な感覚ですかね。
暑かろうが寒かろうが、平静を装いたい。

あたしゃね、社用車や古い石油ストーブや水道管で、「クッソ冬」における残念な出来事を経験させていただいております。

投稿: 乙痴庵 | 2018/02/11 10:18

のうさぎちゃん さん:

そうそう、まさにそんな感じの鳥たちでした。ちょっとした鳥の通訳ができますね (^o^)

投稿: tak | 2018/02/11 21:35

乙痴庵 さん:

寒そうですね。
先日大阪に行ったとき、新幹線の車窓は名古屋から先、京都のちょっと手前まで、ずっと 「雪国」 でした。関ヶ原付近が雪というのは何度も見ましたが、あんなのは初めてです。

投稿: tak | 2018/02/11 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66379368

この記事へのトラックバック一覧です: 春の日射しを味わっている:

« 「反射式石油ストーブ」 というのを買った | トップページ | "SHOO・LA・RUE" という名のブティック »