« 「我々は既に 『ロボット』 なんだから」 という思い | トップページ | 廉価版の MacBook Air が出るなら »

2018/03/04

「極端化」 する気象のニュース

夜の 8時前に帰宅して Google ニュースを開いてみたら、「トップニュース」 の上から 3本がいずれも気象関係で、しかも 「極端な気象」 のニュースである。

180304

"米旅客機が乱気流に遭遇、機内の 「ほぼ全員が嘔吐」" というのはすごい。機内のほぼ全員が嘔吐するほどの揺れって、いったいどんなんだろう。よほど激しい上下動があったに違いない。

私は乗り物酔いには強い方だが、中学生の頃に台風が通り過ぎた直後に青函連絡船に乗り、波による激しい上下動でかなり気持ち悪くなってしまった経験がある。「こりゃ、ヤバい!」 と思って船室で横になり、難を逃れたが、あのまま立っていたら嘔吐していたかもしれない。で、今回のニュースは 「ほぼ全員が嘔吐」 というのだから、あの時の何倍もすごかったのだろう。

"各地で気温上昇、20度超も 福島県浪江町は6月並み" というのもすごい。私は今日所用があり、クルマで約 1時間半のところまででかけたのだが、車内では Tシャツ 1枚で、しかも窓を開けて走っていた。とにかく暑かったのである。まだ 3月上旬で、東日本大震災の年は 3月下旬まで冷たい季節風に震えていた覚えがあるのに。

しかも暑いのは今日だけで、明日は最高気温が 5度下がり、明後日は最低気温が氷点下になるというのだから、体を慣らすのが大変だ。私は明日に仕事で故郷の山形県酒田市に行き、明後日は朝から出歩かなければならないのだよ。どんな格好をして行ったらいいのだろう。

"米北東部で暴風雨 6人死亡、90万世帯で停電" というのは、この季節としては異例の 「爆弾サイクロン」 によるもので、6人の死者のうち、5人は倒木によるものだという。死ぬのはこわくないが、倒木の下敷きになって死ぬのはいやだなあ。

最近の気象現象は 「温暖化」 というより 「極端化」 だと、何度か書いているが、本当に気持ちのいいモデレートな天気というのがめっきり少なくなった。そして 「数十年に 1度」 というような異常気象が毎年発生するのだから、本当に油断がならない。

|

« 「我々は既に 『ロボット』 なんだから」 という思い | トップページ | 廉価版の MacBook Air が出るなら »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66460454

この記事へのトラックバック一覧です: 「極端化」 する気象のニュース:

« 「我々は既に 『ロボット』 なんだから」 という思い | トップページ | 廉価版の MacBook Air が出るなら »