« 政治の風向きがようやく変わりかけているようなので | トップページ | 名古屋駅新幹線ホームのきしめん »

2018/03/15

自転車で横断歩道を渡っていてクルマにはねられたというニュース

車と衝突し10m飛ばされ…自転車の男性が重体」 という記事に、ちょっとぞっとしてしまった。私もよく自転車に乗るのでね。

180315

自転車の男性は、信号機のない横断歩道を、自転車で渡っていたのだという。写真をみると、衝突したクルマのフロントガラスには大きな穴が開いている。よほど激しくぶつかったのだろう。跳ねられた被害者は気の毒な限りで、クルマを運転していたのは、33歳の、名前から判断すると女性のようだ。

個人的な経験則からすると (とくに茨城県では)、歩行者が横断歩道を渡ろうとしているからといって、停まってくれる自動車は極めて少ない。男性ドライバーの場合はたまに停まってくれる場合があるが、女性ドライバーだとまず停まらない。

だから横断歩道を渡る場合は、私は歩行者の立場だったとしても最大限意識して 「弱気」 になる。つまり、クルマの流れが途切れるまでは横断を開始しない。こちらとしても、命が惜しいからね。ましてや、自転車で道路を横断する時は、さらに慎重になる。

このニュースの場合、話が複雑なのは、被害者は歩行者ではなく、自転車に乗っていたためである。横断歩道は 「歩行者のため」 のものなので、自転車が渡ってもいいのかという議論があるのだ。これに関しては、クルマのドライバーとしては、やはり注意義務があるという解釈がなされているようだ (参照)。

とにかく、クルマを運転するにしろ、自転車に乗るにしろ、さらにまた歩行者として道路を歩くにしろ、最大限の注意をしなければならないという、まことに月並みな結論にしかならないのである。とくに中途半端な田舎道が一番危ない。

|

« 政治の風向きがようやく変わりかけているようなので | トップページ | 名古屋駅新幹線ホームのきしめん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

写真を見ると相当なスピードであたったようですね。
自転車は車は当然止まってくれるものと思って横断歩道を渡った、しかし車は余所見でもしていたんでしょうね。

私も女性(おばさん)ドライバーに惹かれそうになったことが二回あります。駅のロータリーの入口を横断している時に前方から右折してきた車は私の20cm前を通過していきました。全然前を見ていませんね。

それ以来、女性ドライバーの場合は特に注意して、彼女たちを信用しないことにしています。経験上、女性ドライバーは横断歩道では90%歩行者を無視して通過していきますね。男性の場合は逆で、90%は止まってくれると言ったところでしょうか。

女性ドライバーの事故が現状の件数なのは、周囲のドライバーや歩行者が注意してくれてるからですね。

投稿: ハマッコー | 2018/03/15 23:39

ハマッコー さん:

「女性ドライバーを信用しない」と言うと、「女性差別」などと言われるかもしれないですね。

ただ、女性ドライバーの多くが横断歩道で停まってくれないので、ことさらに気をつけざるを得ないという、経験知に基づいた判断に関しては、「これはこっちの命のリスクの問題だから」と対応するしかないですね。


女性は歩いていてぶつかりそうな場合でも、避けない人が多いですからね。

この関連の問題は、性差別とは関係のない話というしかないですよね。こっちの命を守る方が優先しますから。

投稿: tak | 2018/03/16 08:28

その後の調べで、実際に運転していたのは無免許のトルコ国籍の派遣社員オルジュ・ユヌス容疑者で、”私が運転していた”と虚偽申告した妻のオルジュさおり容疑者は犯人隠蔽で逮捕されましたね。

しかし、「女性ドライバーを信用しない」という考えは今後も変わりません。

>女性は歩いていてぶつかりそうな場合でも、避けない人が多いですからね。

混雑している駅のコンコースを一直線に歩いてる女性がいますね。他の歩行者がみな避けてあげている。車の運転でも同じことをやっているのが怖いですね。

投稿: ハマッコー | 2018/03/16 11:48

ハマッコー さん:

出張していたので、そのニュースは帰ってくるまで知りませんでした。

夫は母国では運転免許取っていたのかもしれませんが、おそらく国際免許の手続きをしていなかったんでしょうね。そんな人に運転させていたということからして、運転者として失格です。

投稿: tak | 2018/03/16 18:05

>女性ドライバー

私も一応女性ですが、腹立たしいことに現実は皆さんのおっしゃる通りと感じています。

自分としては、歩行者・子供・自転車には最大限気を付けています。事故ってしまえば、例え相手に過失相殺があったとしても、法律では圧倒的に車に多くの責任が課せられているし、なによりも事故を起こせばその後の処理始末が大変です。下手すれば、賠償問題で(例え無制限保証の保険に入っていても)大きなストレスを抱えて過ごす日々が続くのですから。

「女性は常に誰かに譲ってもらって当然」という意識で 運転するのは止めましょう。

投稿: K.N | 2018/03/17 11:02

まぁソノ~(ダミ声で)、私も日々自転車(一応ロードバイク)で移動しとるわけですが、気をつけておることは「他人の注意力を過信しない」っちゅうことであります。ドライバーも人の子ですから、ウォッホン!…失礼、見落としや判断ミスもそりゃあるでしょう。「自転車だからスピードが遅いから無理矢理曲がっても大丈夫だろう」っちゅう思い込みもあるでしょう。だから私も、よく言う「かもしれない運転」を自転車で心がけておるわけです。事実、交差点じゃない「歩行者用信号」で、赤信号をスルーする(駄洒落じゃございませんよ)クルマが結構いるんでございます。あと、チャリンコ(自転車じゃなく)の「スマホ運転」とかですな。こいつらにはどやしつけてやります。あいつらも「走る凶器」ですからな。
まぁソノ~私がドライバーの方々に言っておきたいことは「あなた方はアクセル一踏みで人をあやめることができる」ということであります。どうか常に緊張感を持って運転していただきたいと思っておる次第であります。
ご清聴ありがとうございました(誰のモノマネなの?)

投稿: 野兎男爵 | 2018/03/17 23:16

野兎男爵 さん:

珍しくとてもまともなことを言う麻生さんだなあと思いました (^o^)

投稿: tak | 2018/03/18 19:42

K.N さん:

私もおっさんのはしくれですが、時々「行儀の悪いおっさん、本当に多いよねー」 と言いたくなる時があるのと、かなり似通った感慨なのでしょうね ^^;)

投稿: tak | 2018/03/18 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66500895

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車で横断歩道を渡っていてクルマにはねられたというニュース:

« 政治の風向きがようやく変わりかけているようなので | トップページ | 名古屋駅新幹線ホームのきしめん »