« 樹木希林と森繁久弥と 「セクハラ」 という三題噺 | トップページ | パワハラとマインド・コントロールの 2点セット »

2018/05/22

内田カントクっておっさんに、ストレートにむかついた

例の日大アメフト部の問題で、関学の選手に怪我をさせた選手が記者会見をするというので、初めは 「どうせ大学側に言い含められて、うやむやなことを言って終わりにするんだろ」 と思っていた。しかし、わざわざ出てきて記者会見をするというのは、それで済まないものがあるのだろうと考え直し、その内容が気にかかっていた。

そして今日は仕事で昼前から出かけ、夕方過ぎに帰宅すると、妻が 「日大の学生さん、ずいぶん核心的なことまで正直に話したみたいよ。やっぱり反則は監督の指示っていうことらしいわ」 と言う。「へえ、よくそこまでしゃべったな」 と、ネットで検索すると記者会見の模様を完全収録したビデオが見つかった。つい、最後まで見ちゃったよ。

で、見終えての率直な感想。宮川泰介という (元) 選手は、してしまったことは悪質極まりないが、その後の反省は本物と感じた。実名と顔を出してまで謝罪したいという意思は、ある意味立派である。一昨日の記事で書いた "「あんたがそこまで誠意をみせてとことん謝ってくれるなら、こちらとしてもある程度矛を収めざるを得ないよね」 と言ってしまうほどの謝り方" のお手本と言える。

一方で、内田カントクの 「卑怯者体質」 が浮き彫りにされた。こんなのをいつまでも 「ナンバー 2」 なんていわれる地位に就かせていたら、日大全体が信頼を失ってしまう。ここは自衛のためにも、とっとと去ってもらわなければならないというのが、学内の共通認識になるだろう。もしそうならないとしたら、日大全体がズブズブの体質に汚染されているということになる (その可能性も大ありだが)。

とにかく、元選手に反則をさせてしまうまでの手口が、ぞっとするほど嫌らしい。内定しかけていた日本代表の立場を理不尽にも辞退させ、学内での練習からも干して精神的に追い詰める。その上で 「試合に出たかったら、関学の QB をつぶせ、怪我をさせろ」 と吹き込み、仕上げとして選手自身の口から 「相手の QB をつぶすので、試合に出してください」 と言わせているのだ。

この会見の直後、大学側は 「潰せと指示したのは事実」 と認めた上で、「これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で 『最初のプレーから思い切って当たれ』 という意味」 などと言い訳をしているようだが、「よく使う言葉」 なのに、なぜ今回に限って選手によるエクストリームな解釈につながったのか、合理的な説明が一切ない。下手な言い訳をすればするほどますます自分の首を絞めることになると、まだ気付いていないようだ。

こういうことであんまり単純に憤るのはカッコ悪いと感じてしまいがちの、ヒネた体質の私としても、今度ばかりはストレートにむかついてしまったよ。

|

« 樹木希林と森繁久弥と 「セクハラ」 という三題噺 | トップページ | パワハラとマインド・コントロールの 2点セット »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

もう、ムカつくなんてものじゃないです。

TV 画面に、この人間のクズとでも呼びたい内田監督の顔が出たら、
即座に生タマゴでもぶつけてやりたいです!

セクハラの福田事務次官や狛江市長も同じく!

しかし、腹立つことが多過ぎますが私だけ?

投稿: さくら | 2018/05/23 13:32

別の感想を。
事前によく準備された記者会見だったなと感心しました。
一方記者達のレヴェルの低さが露呈してしまいましたね。
既に陳述済のことについて質問したり、何とかカントクに対する何らかの言質を引き出そうとしましたが、尽く失敗してしまいましたね。

記者達も社からプレッシャーをかけられていて、何とか得点を上げようと必死なのが伝ってきました。

投稿: ハマッコー | 2018/05/23 14:24

さくら さん:

これまで生きてくる中で、この内田というおっさんとそっくりな体質の人を何人も見てきました。このタイプの人は、どういうわけか風貌やしゃべり方までよく似ているので、「あ、こいつ、ヤバい」 とすぐに気付きます。

基本的に 「何をするにも自分の都合が最優先」 でありながら、自分より上の権力にはあっさりなびきます。

個人的には決して付き合いたくないタイプです。近くにいるだけで不愉快になります。

この件をきっかけにして、多くの国民が 「きちんと腹を立てることのできる人間」 になり、政治の世界でもちゃんとムカついてもらいたいと思ってしまいます。

投稿: tak | 2018/05/24 01:55

ハマッコー さん:

あの弁護士さん、いいブレインですね。頭もいいし(弁護士だから、それは当然か)、それだけでなく情もあるイメージです。

ビデオを見る限り、質問に立ったのはテレビのワイドショー関係の人ばかりでしたが、要するに 「番組で使える 『単純なわかりやすさ』 のある端的なコメントが欲しい」 というだけの質問が多かったですね。

活字系のメディアなら、記者会見の当人のコメントだけで十分に記事にできるのに、テレビはどうしても 「10秒か 20秒の動画として凝縮された、バカでもわかるコメント」 に導きたいので、くどいほどの誘導質問したがるんでしょうね。

あれもまた 「自分の都合最優先」 というのが丸見えで、内田カントクの態度を笑えませんわ。

投稿: tak | 2018/05/24 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66748560

この記事へのトラックバック一覧です: 内田カントクっておっさんに、ストレートにむかついた:

« 樹木希林と森繁久弥と 「セクハラ」 という三題噺 | トップページ | パワハラとマインド・コントロールの 2点セット »