« 「右回り/左回り」 と 「時計回り/反時計回り」 ということについて | トップページ | 「新聞を読まない人は自民党支持」 という麻生発言 »

2018/06/24

「酒離れ」 の実態

MONEY ZINE が 「酒類販売業者の倒産21.3%増、4年ぶりに増加/安売り禁止の改正酒税法やビール離れも影響か」 と報じている。「酒類販売業者」 というのは、いわゆる 「酒屋」 のことかと思ったら、定義としては 「酒類卸」 「酒類小売」 「居酒屋」 の 3業種で、とくに 「居酒屋」 の倒産件数の増加が顕著なのだそうだ。

180624

記事では、「2017年6月に施行された改正酒税法の影響が指摘されている」 として、「行きすぎた廉価販売」 が規制されたことが大きいとしているが、年の半ばの法改正が主要因となって、半年でそんなにいきなり倒産が増加するんだったら 「大変な悪法」 というしかない。しかしグラフを冷静に読み取れば、2016年度に一時的に減っていた倒産件数が、それ以前の数年間の水準に戻っただけということでしかない。

結局のところ、「ずっと継続していた日本人の 『酒離れ』 の影響が 2016年の好況で一時的に軽減されたように見えたが、すぐに長期傾向の波の中に戻った」 と解釈する方が自然だろう。「酒離れ」 の傾向は依然として続いている。

「酒離れ」 傾向を表す数字として 「若者の酒離れ」 が強調される。IT Media ビジネス Online はこのことについて次のように報じている。(参照

20代のうち 「週に 3日以上飲酒する習慣がある」 のは男性が 18.0%、女性が 8.8%と、全平均の 30.8%よりも大幅に少ない──東京都生活文化局がこのほど実施した「健康と保健医療に関する世論調査」でこんな結果が出た。50代の男性の半数近くが 「毎日~週 5・6日は飲む」 としているのと対照的だった。

20代男性の飲酒習慣が大幅に減っているのは、私としては 「飲まなくなった」 のではなく 「否応なく飲みに付き合わされる機会が減った」 のだと見ている。昔は 「職場の付き合い」 とやらで、勤務時間が終わってからの 「酒飲み圧力」 というものが存在していたが、最近は 「正社員」 の雇用も減り、自由に使える 「経費」 も激減したので、「嫌なら付き合わなくても済む」 ようになった。

実際、「職場の飲み会」 なんて、楽しいものでもなんでもない。若い社員は、上司や先輩の自慢や愚痴ばかり聞かせられ、時には理不尽なことまで言われる。「こうした 『飲みニケーション』 こそが、日本企業の強み」 などという屁理屈で (本当は、オヤジが経費で飲みたいだけ)、夜が更けるまで時間の無駄遣いをさせられる。

日本では、タイムカードを押すまでの 「残業」 以外に、会社を出てからの 「職場の付き合い」 とやらいう 「数字に表れない残業」 に至るまでが長いのだ。それが最近になって少しは軽減されてきたのだから、これは悪いことでは決してない。

「若者の酒離れ」 は、ある意味 「目に見えない残業」 の軽減という要素が大きいのである。その証拠に、若者は完全に 「酒嫌い」 になったわけじゃない。本当の仲間内などでの 「飲み会」 はちゃんと存続しているし、「女子会」 という新しい飲みの場も出てきている。

数字だけ見れば確かに 「酒離れ」 だが、その実態としては 「飲みたい酒」 は減らず、「飲みたくもない酒」 が減っているだけなのだ。言い方を変えれば、日本の酒の消費量のかなりの部分は、長らく 「飲みたくもない酒」 で支えられてきたのである。

|

« 「右回り/左回り」 と 「時計回り/反時計回り」 ということについて | トップページ | 「新聞を読まない人は自民党支持」 という麻生発言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

居酒屋って、うるさくって、タバコ臭くって、加齢臭とアルコールと油と魚の臭いが混じった臭いで「ウゲェ~ッ」ってなっちゃうのよね~(笑)。
そんなとこに上司と行かなきゃならないなんて、やっぱり「ウゲェ~ッ」ってなっちゃうのよね~。
あたしは今日も一人でゆっくり飲めて幸せです(おいおい)

投稿: あほうさぎ | 2018/06/25 23:05

あほうさぎ さん:

最近は喫煙人口の減少で、居酒屋でも極端にタバコ臭いところは減ってきましたね。

私が年に 3〜4回参加する飲み会では、個室を取って喫煙者を遠慮会釈なく差別するので、タバコを吸うヤツは申し訳なさそうに席を外して吸います (^o^)

投稿: tak | 2018/06/26 00:23

上司や同僚の誘いはほぼ100%随行し、後輩は滅多に誘わない、文字通り「サラリーマンの鏡」だったアタクシは、お誘いのないときですら、「独り業務反省会」を遂行するほどでしたが…。

2016年の夏には会社をリタイヤして、山に籠る(田舎に引っ込む)生活となったため、お外でお酒の機会は300分の1くらいにはなってますね。

おお、グラフ通り!(うそうそ〜ん)

投稿: 乙痴庵 | 2018/07/02 12:44

乙痴庵 さん:

私も、フリーになった途端に、20分の 1ぐらいには減りましたね。
つまり、月イチ以下になったということで、気のあう仲間と飲む機会が残っているわけです (^o^)

投稿: tak | 2018/07/02 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66866805

この記事へのトラックバック一覧です: 「酒離れ」 の実態:

« 「右回り/左回り」 と 「時計回り/反時計回り」 ということについて | トップページ | 「新聞を読まない人は自民党支持」 という麻生発言 »