« 刈り草を 「可燃ゴミ」 として集積所に出すという発想 | トップページ | 「ギネスビールの注ぎ方」 の考察 »

2018/06/09

若い兄ちゃんたちの変な歌

当ブログのコメント欄でもお馴染みの ふゆひーさんが、Twitter で 「笑いを取ろうとしているとしか思えない…。日本スゴイって言いたがる人が日本語を破壊する方向に行くのは、まぁ当然の流れなんだろうね」 と、一見謎の tweet をしておられるので、一体何事かと リンク先に飛んでみて、Retweet させていただいた (参照)。

180609

飛んだ先は、J-Lylic.net といういろいろな歌の歌詞を紹介するサイトで、現れたのは Radwimps というロックバンド (らしい) の "HINOMARU" という歌の歌詞である。著作権の関係もあるから、ここでは部分的な引用にとどめておくが、こちら に飛べばきっちり表示される。

なるほどねえ。「日本語を破壊する方向」 という意味がわかった。確かに日本語の破壊につながる歌詞である。しかも 「創造的破壊」 ってわけでもない。とにかくこんな具合だ。

意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに
胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く
この身体に流れゆくは 気高きこの御国の御霊
さぁいざゆかん 日出づる国の御名の下に

なんだか気持ち悪いのは、ステロタイプすぎる文語と甘ったるい口語がテキトーに入り交じっているところから来るのだろう。最近の歌では、日本語の中にいきなり ”Dont't you" とか何とか、どうでもいい英語をチョコチョコッと安易なアクセサリーみたいに入れ込むのが流行っていて、聞いていてシラけてしまったりするのだが、ここに至って、文語をアクセサリー的に入れ込むなんていうところまで来てしまったようなのだ。

ネット界隈では 「軍歌かよ」 なんて揶揄する向きもあるようだが、それはまともな軍歌を知らない者の言い草で、軍歌がこんなんだったら、お話にならない。あくまでも若いにいちゃんたちの 「変な歌」 である。とくに 「この身体に流れゆくは」 というのは、プレバトだったら問答無用で 「〜流るるは」 と添削されるところだ。

で、上述の J-Lyrics.net で歌詞は知れたものの、サウンドがどんなんだかわからない。試しに YouTubeで検索してみたら、間違って 「こんなの」 がヒットしてしまった。「お、サウンド的には悪くないじゃん」 と思ったが、これは 「カタルシスト RADWIMPS cover by Uh.」 ってやつで、Uh. という女性ボーカリストが Radwimps の 「カタルシスト」 という妙なタイトルの歌をカバーしたもののようだ。

ようやく探し当てたのが、上の画像をクリックすると飛ぶページで、まさしく Radwimps の ”HINOMARU” が聴ける。はっきり言って、「この程度のモノなのね」 というだけの印象だ、軍歌と揶揄するほどのものでもない。Uh. のカバーの方がずっといいかも。

|

« 刈り草を 「可燃ゴミ」 として集積所に出すという発想 | トップページ | 「ギネスビールの注ぎ方」 の考察 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Uh.さんの歌声、きちっとしていて、説得力ありますね。
それこそ、「国家斉唱(独唱)」してもらっても良いと思います
(芸能関係まったく知らん博士であります!)

(おかげ様で動画サイトをガッツリ見てますがな)

投稿: 乙痴庵 | 2018/06/10 11:44

乙痴庵 さん:

私も、今どきの芸能関係はさっぱりです。

とくに若い男の子と女の子は、みんな同じに見えちゃうんですよね ^^;)

投稿: tak | 2018/06/10 20:07

遅ればせながら、Yahooニュースになってますね。
タクさんの情報のほうが早い!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000009-exmusic-musi

投稿: Senna | 2018/06/11 19:52

Senna さん:

本当に情報が早かったのは、ふゆひーさんですよ。

それにしても、長文を画像にして Twitter に貼り付けるやり方って、ちょっとあざといんじゃないかなあと思ってしまいました。

FAX じゃあるまいしね。

投稿: tak | 2018/06/11 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66812171

この記事へのトラックバック一覧です: 若い兄ちゃんたちの変な歌:

« 刈り草を 「可燃ゴミ」 として集積所に出すという発想 | トップページ | 「ギネスビールの注ぎ方」 の考察 »