« 「かなとこ雲」 が翻訳語という推量は正しかったようだ | トップページ | 「万系一世」 という言い草は、世が世なら不敬罪 »

2018/08/15

「いつも新鮮」 って、単に 「フツー」 ってことでは?

今日、京浜東北線の電車で気になるポスターを見つけた。キャッチコピーの文字のコントラストが不鮮明なので、"ALWAYS FRESIL" と見えてしまうのだが、 "fresil" なんて単語は知らない。よく見ると "ALWAYS FRESH" である。

180815

「ミュゼ」 という脇毛処理だかなんだかの会社のポスターで、これに関するウェブページを見ると、"新コンセプトは「Always Fresh」!" とある (参照)。どうもカギ括弧と感嘆符のつけ方が独特すぎるような気がするが、まあ、敢えてそこには触れないでおこう。

それよりも、"always" と "fresh" という 2つの単語が、こんなに簡単に結びついてしまっていいものかという問題である。「いつも、常に」 という副詞と 「新鮮な」 という形容詞は、そんなに安易には両立しないんじゃないかと思ってしまうのだ。

"Fresh" というのは、一定の時間軸の上でのある状態を指す言葉だと思うのである。つまり 「新鮮な」 という状態は、常に継続するものじゃない。

最大限譲って、「常に新鮮な状態」 というのがあると仮定しよう。しかし常にそうだったら、それは特段 「新鮮」 というわけじゃなく、単に 「フツー」 ってことじゃないか。矛盾に陥ってしまう。「新鮮」 というのは、他の状態と比べて差別化されるからこそ、「新鮮」 と言えるのじゃないのか。

あるいは時間軸の問題ではなく、空間軸として捉えて、「いつも、他と比較して新鮮に見える」 ということなのだろうか。しかしそれだったら、"fresher" と比較級にならなければならないんじゃなかろうか。やはり "Always Fresh" というコピーは、私には違和感があるのだよね。

私には関係のない商品だし、言いがかりっぽいと言えば、我ながらその通りでもあると思われるんだけど、言葉に関してはついこだわってしまうビョーキの私の感覚として、「無理筋的」 に座りが悪いと感じてしまうのだよね。Bob Dylan の ”Forever Young" とはちょっと次元が違う気がするわけだ。

|

« 「かなとこ雲」 が翻訳語という推量は正しかったようだ | トップページ | 「万系一世」 という言い草は、世が世なら不敬罪 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

腋毛処理の広告らしい。腋毛がないのが Fresh だと言われても、それが Fresh なのかなあと疑問におもう。

どっちみち誰も読んでないし、ただのポスター上の模様ですから。
Flesh でなかっただけまだよかったよかったです。

ところで最近、へんてこCMを発見してしまいました。
https://delaidback.com/tokyostationcity-cm/
広告業界は全く反省がない。

投稿: ハマッコー | 2018/08/16 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/67060040

この記事へのトラックバック一覧です: 「いつも新鮮」 って、単に 「フツー」 ってことでは?:

« 「かなとこ雲」 が翻訳語という推量は正しかったようだ | トップページ | 「万系一世」 という言い草は、世が世なら不敬罪 »