« 「てさかはちゃ」 という魔法の呪文 | トップページ | 脚気と米あまり »

2018/09/14

やっぱり酒は体によくないらしい

ちょっと前のニュースだが、「1日缶ビール 1本より多く飲むと寿命は縮む 英研究」 というのがある。従来は 「適度の飲酒は健康によい」 と言われていたが、英国での研究によると 1日に缶ビール 1本分以上のアルコールを摂ると、寿命は縮む傾向があるのだそうだ。

1809141

適度な飲酒は善玉コレステロールを増やして血管が詰まるのを防ぐので、心臓発作のリスクを低下させると言われてきたが、この効果はその他の循環器系疾患を引き起こすリスクと相殺されてしまうらしい。また乳がんや痴呆症との関連も指摘されるという。

私はどうしても長生きしたいからというわけではないが、2007年 8月の 「酒との付き合いの変化」 という記事で書いたように、若い頃と比べると酒の量が格段に減っている。この記事では、"以前は 「週に一度の休肝日」 なんて、不可能だと思っていたのだが、最近は週の半分は、一滴の酒も飲まないようになった" と書いている。

そしてこの記事から 11年ちょっと経った今では、週に 1度も飲まないことまである。このブログを始めた頃は、日本酒やウィスキーをちびちび飲みながら書いたりしていたのだから、自分でも信じられないほどの変化だ。

出張先のホテルで、「たまには缶ビール 1本ぐらいいいか」 と思い、自動販売機で買ってきて飲み始めても、飲みきらないうちに寝てしまうこともある。それどころか、部屋の冷蔵庫に入れっぱなしのまま、飲むのを忘れて寝てしまうことまである。どうしても飲みたいということがなくなってしまったのだ。

11年前の記事ではさらに、次のように書いている。

「あんなに元気そうだったのに」 という人が、急に死んだり、倒れてしまったりということがある。そうした人は、大抵酒好きだという印象がある。ある時期まで、豪快に酒を飲んで陽気に振る舞っていた人が、急に体をこわしてしまうというのをよく聞く。

逆に、年を取ってもしっかりしているのは、あまり深酒をしない人に多い。また私の知り合いの中で、80代半ばになっても脳ミソがボケずに、若い連中と丁々発止のやりとりができるというのは、ほとんど酒を飲まない人ばかりである。

私としては、とくに長生きなんかしなくてもいいが、死ぬまでボケずにこのブログを更新し続けたいので、酒の量はこのまま減るにまかせていこうと思っている。

|

« 「てさかはちゃ」 という魔法の呪文 | トップページ | 脚気と米あまり »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ちょっと関係ない話をすみません。

NHKのブラタモリ好きなんですが、9月29日に『山形・酒田』をやるみたいです。takさんのご実家のほうですよね。今から楽しみにしています。

で、酒田沖に「飛島」という島があるのを知り、見つけたのがこのサイトなのですが。
http://www.mokkedano.net/course/feature/16
画像に、「”飛鳥”で満喫」「鳥海山・飛島ジオパーク」とあり、鳥と飛をくっつけたのかと思いきや、同じページには「”飛島”で満喫」と書いてあったりページタイトルにもなっていたり。かつそのページはほぼ飛島のことだけが書いてあったり。

これは・・・誤植なんでしょうか?
それとも酒田には鳥海山と飛島をセットで、あすか・ひちょう、のように呼ぶ習慣があるんでしょうか?

投稿: らむね | 2018/09/15 22:28

らむね さん:

「飛島」 を 「飛鳥」 と表記してしまったのは、明らかに誤植でしょうね。

「飛島」 の地名の語源については、「鳥海山が噴火して、頂上付近が飛んで行き、日本海に落ちてできた島だから」 という説があります。

荒唐無稽な説ではありますが、実際、鳥海山の山頂にある 「大物忌神社」 に対し、飛島には 「小物忌神社」 というのがあり、民俗的伝承としては大いに関係がありそうです。

子どもの頃に聞いた昔話に、こんなのがあります。(以下、日本語に訳してあります)

ある朝、鳥海山が目を覚ますと、隣の月山が高くなっていて、「どうだ、俺の方が高いぞ」 と威張っていた。鳥海山はそれに腹を立て、全身に力を込めると大地震になり、噴火して山が高くなった。その噴火で飛んで行ったのが、海に落ちて島になった。だから 「飛島」 と言うんだとさ。

ちなみに、飛島の裏側 (酒田から見ての話ですが) には 「賽の河原」(海辺なのに) というところがあり、なかなかの雰囲気だったりします。タモリさん、ここまで紹介してくれるかな。

投稿: tak | 2018/09/15 23:34

ご返答どうもありがとうございます。

やはり誤植ですか。これ観光協会が作っていて画像の雰囲気的にポスターなんかも作られてそうですが、未だに気付いてないんですかねw

庄内地方、良いですね~。鳥海・羽黒・最上。軍艦マニアの心をくすぐります。私の地元も足柄・酒匂とそろってますが、数と等級で完敗です。機会があったら訪れてみたいものです。

投稿: らむね | 2018/09/16 00:16

らむね さん:

誤植というか、手書き文字なので、誤書きというか。いずれにしても、これを書いた人は、庄内人じゃないな。

それにしても軍艦の名前という切り口には、意表を突かれました (^o^)

投稿: tak | 2018/09/16 01:29

「楽しみであるうち」は、せいぜい呑み助さんを邁進します。

朝だろうが昼だろうが、機器操作や自動車運転などなければ、楽しく飲んでいたいなぁ。
飲んでベロベロになるつもりはありません。
ただ根拠のない高揚感や、逆にまーったく考えない時間を過ごすのも、たまにはいいじゃないっすか。


「飲まなきゃやってられなく」なったら、スッパリやめちゃう可能性があります。
お医者の指導を受けなきゃならない状態では、「飲み続けた自己責任」全うできてませんからね。

投稿: 乙痴庵 | 2018/09/17 07:40

乙痴庵 さん:

>「飲まなきゃやってられなく」なったら、スッパリやめちゃう可能性があります。

これは素晴らしい。すべての人にこの矜持があれば、アル中はなくなりますね。

投稿: tak | 2018/09/17 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/67168537

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり酒は体によくないらしい:

« 「てさかはちゃ」 という魔法の呪文 | トップページ | 脚気と米あまり »