« 本を読まないとバカになるか? | トップページ | 東横インのメルマガが、やたらしつこい »

2018/09/20

「でんでん太鼓理論」 は結構な広がりを持つようだ

もう 12年も前のことだから、一廻り前の戌年のことだが、"歩行における 「でんでん太鼓理論」" という記事を書いたことがあった。これは女性が急いで歩くときにありがちな、「腰をふりふり、腕をでんでん太鼓のように横に振り回す」 歩き方について書いたもので、内容的には今でも十分通用するものだと思っている。

180920

ちょっとだけ説明させてもらうとこの記事は、朝のラッシュ時などに雑踏の中を歩いていて、前を歩く女性を横から追い越そうとすると、その女性の手がこちらの股間を 「コツン」 と直撃することが度々あって、「どうしてまた、女性ってあんなに腕を横に振って歩くのだろう」 と疑問に思ったことが発端だった。

これに関しては、件の記事のほぼ 1ヶ月前に、"「大手を振って」 歩く女たちへ" というタイトルで書いている。するとこの記事に、江都屋黄金丸 さんが次のようなコメントをくださった。

ちょっと言葉だけでは説明しづらいんですが、たとえば右足を踏み出す時に、骨盤は上から見ると反時計回りに回転して右の足とお尻が一緒に前に出る、と、そんな動きが多いです。歩く時には当然それを左右くり返すので、正中線の振れが大きくなるために腕をでんでん太鼓のように振らざるを得ないということになるようです。

「なるほど!」 と私は膝を打ったのである。朝のラッシュ時など、急いで歩くときに女性の多くは、周囲の男性たちとの体格差を補うためなのか、お尻をことさらぷりぷり振るような歩き方になり、その結果として腕がでんでん太鼓のように振り回される。それで股間を直撃されるなんてことが生じるわけだ。男性は腕を小幅に前後に振るタイプが多いので、そんな事態にはなりにくいのだが。

で、あれからずっと、「でんでん太鼓理論」 という言葉でググると、私の記事がトップにランクされ続けている (参照) のだが、ほかにもリンクがどんどん増え続けている。新しいページはほとんど 2010年以後のものなので、もしかしたら 「でんでん太鼓理論」 という言葉は、私の記事からパクられたんじゃないかなんて思ったりもするのだが、まあ、それは深く考えないことにしよう。

「でんでん太鼓理論」 という言葉が多く使われているのは、ゴルフの世界のことのようだ。要するに腰の回転が先で、腕は後から付いてくるという話である。もっとも、体の回転を伴うスポーツでは、こんなのは言わずもがなのお話なのだが、ゴルフ関連でことさら多いというのは、こんな風に説明しないとわからない人も流入してくるようなのだね。

ゴルフだけでなく、慣れない女の子が野球の投球動作やバッティング動作をする時など、腰より先に腕が出がちでどうにもぎこちなかったりする。そんな場合に 「でんでん太鼓の動きを思い出してごらん」 と言うと、直感的にわかりやすいのかもしれない。

ゴルフに次いで多いのが、太極拳の動きを説明したページだ。ただ、例えばこの YouTube 動画で説明されているような動きは、純粋なでんでん太鼓の動きとは異なっており、言葉的にはちょっと無理があるような気がする。合気道でいう 「入り身」 に近いよね。

僭越ながら、別の言い方をする方が相応しいんじゃないかなあ。

|

« 本を読まないとバカになるか? | トップページ | 東横インのメルマガが、やたらしつこい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私も何回か攻撃されたことがあります。でんでん太鼓の横を通るときは腕を前に出して防御してから通ることにしています。

それから混雑時の駅のコンコースを一直線に歩く女もいますね。コンコースを一直線に歩くことは不可能です。でもいるんですね。見てると他の歩行者がみな避けてあげている。自分が避けなくても相手が避けてくれるからその必要はないと学習してしまってる。渋谷の交差点を信号無視して暴走した車がありましたが、あれと同じです。

投稿: ハマッコー | 2018/09/22 14:46

ハマッコー さん:

>でんでん太鼓の横を通るときは腕を前に出して防御してから通ることにしています。

賢明な策です (^o^)

一直線タイプの女性も結構います。ただ、トロい女性に下手に避けられると逆に 「お見合い状態」 になりかねないので、そんなものと思っています。

投稿: tak | 2018/09/22 16:59

なんと、あの記事から干支が一回りしてしまったのですねえ。驚きのあまり久しぶり(それこそ12年ぶりくらいでしょうか…)にコメント。
あれから、人の歩き方についての考え方はさほど変わりはしないのですが観察は続けています。人前に出る職業柄、歩き方には気を遣うのです。
最近思うのは、手を後ろに大きく振りながら歩く人というのは、リュックサックを背負ったまま満員電車に平気で乗り込む人と共通する心理状態にあるのではないか、ということです。
自分の背後に気が回らないのですね。スキだらけで、見ていてなんだか微笑ましくさえ思えるのです。

投稿: 江都屋黄金丸 | 2018/09/23 05:07

江都屋黄金丸 さん:

なんと月日の経つのは早いものであります。

リュックを背負ったまま満員電車に乗る人との共通性は、確かに感じますね。

投稿: tak | 2018/09/23 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/67189015

この記事へのトラックバック一覧です: 「でんでん太鼓理論」 は結構な広がりを持つようだ:

« 本を読まないとバカになるか? | トップページ | 東横インのメルマガが、やたらしつこい »