« 「プサプサ」 って何かと思ってたよ | トップページ | ゴロゴロ (キャスター付スーツケース) の扱いについて »

2018/10/16

「こたべ」 という名の京都のお菓子

今日、京都駅のみやげ物売り場でいいものを発見した。京都名物 「生八ツ橋」 の子ども版である。生八つ橋は 「おたべ」 という商品名で売られていることが多いのだが、その子ども版なので 「こたべ」 なのだろう。「おたべ」 は 2口サイズで、「こたべ」 は 1口サイズである。

181016

実は、私は生八ツ橋が好物なのである。普段の食事では甘いものは避けたいクチなのだが、生八ツ橋ときんつばは好きなのだよね。どういうわけか。

で、これまでは京都土産に生八ツ橋を買っても、土産を持って行く相手の口には入っても、自分の口には入らないのが少々不満だった。「実は俺だって食いたいんだけど」 と思ってしまうのである。

ところが、この 「こたべ」 は値段が 350円と非常に手頃なので、自分用に軽い気持ちで買ってしまえるのだ。それで、人にあげるのはちょっと大きめのを買って、自分はこっちを買って食べることで、これまでの不満解消ができるというわけだ。

調べてみると、2013年から季節限定で販売されているらしい。これまで知らずにいたのがちょっと悔やまれてしまうよ。

|

« 「プサプサ」 って何かと思ってたよ | トップページ | ゴロゴロ (キャスター付スーツケース) の扱いについて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きんつばは大好きです。子供のころは名前が何か汚いので(笑)食べてみようとも思いませんでしたが、今は大好きです。きんつばちゃん、絶対名前で損してますよ。
生八つ橋、おたべは食べたことがありません。名前が何か…(もうええっちうねん)

投稿: のうさぎちゃん | 2018/10/20 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/67281026

この記事へのトラックバック一覧です: 「こたべ」 という名の京都のお菓子:

« 「プサプサ」 って何かと思ってたよ | トップページ | ゴロゴロ (キャスター付スーツケース) の扱いについて »