« サンゴを 「移しております」 だって? | トップページ | 酒と脳の記憶に関する甘美な考察 »

2019/01/09

楽天カードは、なかなかシュールなカードであるらしい

昨年末に 「はぁ?」 というような tweet があった。亡くなった父親の楽天カードの解約を電話で申し入れたところ、「ご解約には必ずご本人様からご連絡を頂く必要があります」 と言われ、そのまま電話を切られたというのである。(参照

190109

楽天カードというのは、なかなかシュールなカードであるらしい。よほど見かけ上の会員数を減らしたくないのだろう。まあ、名義人がいなくなったのだから、その後はカードが使われることもなく、支払いも発生しないわけで、放っておいても実害はない。とはいえ、身内としては複雑な気分に違いない。

楽天カードといえば、私にも妙な思い出がある。5年ぐらい前に、「今、楽天クレジットカードを申し込めば、もれなく 1万円分の買物券プレゼント」 とかいう店舗でのキャンペーンに不覚にも乗ってしまって、サクサクッと申込書に記入したところ、なんとその場でカードを発行してくれた。買物券は追って郵送されるという。

ところがその買物券というのが、待てど暮らせど送られてこない。どうなっているのかと、一応電話で問い合わせるてみると、「そのキャンペーンは既に終了しました」 なんていう返事である。あまり馬鹿馬鹿しいので早々に電話を切った。

ああ、なるほど、その手があったわけね。自分の懐の痛む話は、さっさと終わっちゃえばチャラにしちゃえると思ってるわけね。楽天って、そういう会社だったのね。

というわけで、そんなカードは使う気になれず、決済用の銀行口座登録もせずに鋏で切って捨ててしまった。すると、あれから 5年も経つというのに、「銀行口座をご登録下さい」 というメールが毎月律儀に届くのである。こちらは他のカードで十分に用は足りているから、ずっと無視しっぱなしだが、私の名前は楽天カードの会員として登録されっぱなしなのだろう。

もしかすると、らびすけさんの亡くなった父君のメルアドにも、ずっと 「今月の決済額は 0円です」 というメールが届き続け、遺族によるメルアド解約後は、楽天側に毎月、「メールの宛先不明です」 として返送されるのだろう。もとより 「本人からの解約通知」 は不可能なのだから、この状態は永遠に続くのかもしれない。

|

« サンゴを 「移しております」 だって? | トップページ | 酒と脳の記憶に関する甘美な考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天カードは、なかなかシュールなカードであるらしい:

« サンゴを 「移しております」 だって? | トップページ | 酒と脳の記憶に関する甘美な考察 »