« 私は教師に何を言われようが、全然気にしなかったけどなあ | トップページ | 「オレオレ詐欺」 を防ぐには »

2019/02/26

「離婚のリアル」 という連載

東洋経済が 「離婚のリアル」 という連載をしている。筆者は 「孤独死大国」 などの著書もあるライター、菅野久美子氏。この人、結構ショッキングなルポをする人のようだ。

190226

この連載記事の冒頭に記されるリードは 「単純計算すると 3組に 1組の夫婦が離婚している日本。そこに至るまでの理由は多種多様だ。そもそも 1組の男女が、どこでどうすれ違い、別れを選んだのか」 というもので、「へえ、離婚ってずいぶん多いと思ってたけど、そんなに多いのか」 と、単純に驚いてしまう。

そういえば身近なところでは、隣家には 2人の出戻り娘がいるし、私のいとこの離婚率もざっと 4割に近い。親族として結婚式に出席した時の印象ではやたらと仲睦まじそうな 「お似合いの夫婦」 に見えたのに、10年も経つと 「別れました」 なんて知らせが来るのだから、どんな事情があったのか知らないが驚いてしまうよね。

ずぼらな私の感覚としては 「離婚するくらいなら、結婚なんてしなければいいのに」 と思う。だって結婚も離婚も、どちらもかなり面倒なことじゃないか。どうしてそんな 「面倒に面倒を重ねる作業」 をするのか、不思議でしょうがない。

そんなことを言うと、「結婚する前に 『別れちゃうかも』 なんて考える人はいないよ」 なんて言われる。しかし、本当にそうだろうか。上述の連載を読むと、本当に自覚的に 「我々、末永く大丈夫」 という自信があって結婚するカップルって、それほど多くないんじゃなかろうかという気がしてしまう。

例えば上述の連載 10回目 (本日付) の "結婚 8年、46歳で別れた公務員夫が受けた屈辱 「箱入り娘」 妻の身勝手に振り回され続けた" という記事を読むと、結婚までのいきさつがそもそもひどい。職場の飲み会で知り合った女性と付き合っているうちに、相手が勝手に結婚式場を予約して、両親に合わせる日程までいつの間にか決められていたという。

「この人、結婚がしたいんじゃなくて、結婚式がしたいんじゃないだろうかって、途中から思い始めました」 なんて言っているのだから、それに気がついた時点で別れておけばよかったのである。しかし 「年齢的に実さんも結婚を考えていたこともあり、結婚はそういうものだと自分で自分を納得させて、半ば玲子さんの迫力に押される形で結婚」 してしまった。

「おいおい、それって、いくら何でも 『当事者意識』 なさすぎだろう!」 と言いたくなる。しかしそういえば、昔の結婚なんて、周囲が勝手に決めていつの間にか一緒にさせられてたというケースが多かったという。ただ昔は 「離婚なんてとんでもない」 という風潮だったから、必死に耐えていたのだろうね。

今は理不尽な結婚に無理に耐えなくてもよくなったのだから、昔よりはマシなのかもしれないが、その前段階として 「もうちょっとまともに見極められなかったのかね?」 という疑問は引っ込められない。ただ、「まともに見極める」 というのも、数こなさないとなかなか難しいのかもしれないが。

こうしてみると、結婚なんて半ば 「バクチ」 みたいなものなのかもしれない。私の場合は 「当たり」  という自信たっぷりで結婚したのだが、結果としても本当に 「当たり」 でよかったよ。まったく。

|

« 私は教師に何を言われようが、全然気にしなかったけどなあ | トップページ | 「オレオレ詐欺」 を防ぐには »

世間話」カテゴリの記事

コメント

ごちそうさま~ ^^

投稿: tokiko | 2019/02/28 19:37

tokiko さん:

あ、いや、決してそんな...... ^^;)

投稿: tak | 2019/02/28 21:52

ごちそうさま〜^ ^

と言いつつ、型にハマった「夫婦としてあるべき姿」が尻つぼみになり、可動域は確実に広くなってますよね。

その分、「夫が拳を振り上げ」って行為がDVで、「子どものめんどうはお前に任せた」がワンオペ育児。
型にハマった方が良い訳じゃないですが、どうもそう言う環境下で育った方々が現在なかなかご活躍のご様子で。


すみません。サゲなし、酔っ払いモード全開で恐縮です。
(なんとなくモヤモヤしてる考えが上手いことアウトプットできーん!)←メートル上がってます

投稿: 乙痴庵 | 2019/03/01 02:27

正式なご挨拶ではありませんが、付き合っていた相手の親(両親同時ではなかったけど)にまで会ったことが3回あります。いずれもその後いろいろあって結婚には至らず別れました。

というわけで初婚は遅かったのですが、今それなりに幸せなのは、数をこなして「まともに見極め」た結果なのかも(笑) 別れた相手も幸せになっているといいのだけど。


投稿: 山辺響 | 2019/03/01 11:08

乙痴庵 さん:

昔は 「思いっきり型にはめた夫婦像」 という強迫観念が離婚防止壁になっていて、今はの防止壁がなくなったので、簡単に離婚できてしまうってことはあるかもしれませんね。

要するに、夫婦のあり方そのものは、あまり変わってないってことなのかも。

投稿: tak | 2019/03/01 17:40

山辺響 さん:

「まともな見極め」 をするには、数こなすことをおそれてはいけないですね。その中でアンテナの性能がアップします。

「まてよ、これって、ヤバいんじゃないか?」 と、チラッとでも思ったら、大抵本当にヤバいってことですからね。

投稿: tak | 2019/03/01 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「離婚のリアル」 という連載:

« 私は教師に何を言われようが、全然気にしなかったけどなあ | トップページ | 「オレオレ詐欺」 を防ぐには »