« 「いい人要素」と「デキる人要素」 | トップページ | 「50代の男」がアセったりブチ切れたりすると »

2019/04/14

「ボケちゃった人」「キレちゃった人」そして「謎の人」

今月になってから鉄道に関して、中年以上の年齢の男性起こした 「はあ?」と言いたくなるような事件が 3件相次いだ。「女心はわからない」なんて言う男が多いが、男心というのもよくよくわからないことが多い。

190414

まず 4月 5日の夜に起きたのが、「北陸新幹線線路内を 10キロ歩いた 77歳逮捕 新幹線特例法違反の疑い」という事件である。毎日新聞の記事から引用しておく。

5日午後 8時 10分ごろ、長野県佐久市の北陸新幹線佐久平駅で、男がホームドアを乗り越えて線路内に立ち入ったのを駅員が目撃した。約 3時間 20分後、約 10キロ離れた線路上で、新幹線の乗務員が男を見つけ、長野県警上田署が新幹線特例法違反(線路内への立ち入り)の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕されたのは 77歳の男性で、警察によると「容疑を認めているものの意思疎通がはっきりしない時がある」ということらしい。老人性の痴呆症が入って、自分でやってることが「わからなくなっちゃう」人なんじゃあるまいかと思う。老人人口がどんどん増えているので、これに類似した事件が今後増えるかもしれない。

そして 13日に起きたのが、「容疑者の妻『止めたけど…』 遮断機の棒切断」という事件だ。これは「開かずの踏切」状態になったことにブチ切れた男が、ノコギリで遮断機の棒を切っちゃったということのようだ。容疑者の妻のコメントが笑える。

「急いでて、(踏切が)もう絶対開かないんじゃないかなって。これ以上、絶対開かない。人身事故だなって感じだったので。あーもうだめだっていうか、(止めたけど)行っちゃって、(遮断機の棒が)切れちゃうとも思わなかったし。これはもうまずいなぁって。絶対に警察に捕まることはわかりますよね」

ニュースでは堂々とノコギリで遮断棒を切断している夫の様子が動画で流されるのだが、それと対照的なのが妻のコメントの呑気さ加減である。あまりの対照的イメージに、「変わった夫婦だなあ」と思うばかりである。まあ、いずれにしても中年男がブチ切れると結構アブない。

そして本日流れたのが、「のぞみドア開け線路に降りた男、車掌ら連れ戻す」というニュースだ。「山陽新幹線『のぞみ17号』の運転士が、ドアの緊急開閉用コックの異常に気付き、緊急停車した。乗務員が確認したところ、9号車のドアの一つが開き、乗客の 50歳代の男が線路に降りているのを見つけた」という、まさに「はあ?」としか言いようのない事件である。警察に引き渡された男は、容疑を認めているという。

最初の事件は「ボケて、わかんなくなっちゃったんだろうね」としか言いようがなく、2番目は頭の中の回路が短すぎて、「相当ブチ切れちゃったんだろうね」ってなことなのだろう。ところが 3番目の事件となると、「なんでそうなるの?」と言うほかなく、コメントのしようがない。

3件のうち、2件は容疑者が 「50代の男」というのも、コメントに困る事実である。本当に「男心もわかなない」ものである。

それから、ちょっと付け足し。「遮断機の棒切断」に使われた動画は、一飯の人が撮影したものなのだろうけど、この類いの動画は、「縦位置」じゃなく、どうか「横位置」で撮影してくれないかなあ。縦位置だとテレビ画面でこなすのが大変だ。

 

|

« 「いい人要素」と「デキる人要素」 | トップページ | 「50代の男」がアセったりブチ切れたりすると »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ちょっと話は戻りますが、桜田さんの例の発言「(東日本大震災からの)復興以上に大事なのは高橋さんなので、よろしくどうぞお願いします」のあとに拍手がありましたね。

私だったら絶句するところですが、拍手は大きかった。
拍手した人もボケちゃったひと達ですね。
ボケちゃった人がボケちゃった人に囲まれている。
これが政治の世界なんだろうか。

フリンも枚挙に暇がない。色ボケも政界では当たり前。表面に出てくるのは一部に過ぎないでしょう。

投稿: ハマッコー | 2019/04/15 15:01

ハマッコー さん:

あの世界は、「そうだよね、ホントにそうだよね」というリアクションだけで成立してますね。「あれ、そうかな?」とは言いにくいだけでなく、思ってもいけないみたいな。

投稿: tak | 2019/04/15 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いい人要素」と「デキる人要素」 | トップページ | 「50代の男」がアセったりブチ切れたりすると »