« 我ながら「強力な晴れ男」ではある | トップページ | スマホがあれば車載型カーナビは要らないと思うのだが »

2019/05/22

丸山穂高をガス欠にするには、シカトし続ければいい

世間は丸山穂高とかいう国会議員の話題でもちきりだが、このニイチャンのことはそろそろシカトしちゃってもいいんじゃないかと思う。関わり合うだけ馬鹿馬鹿しい。

190522

私の感覚からすると、彼は「世の中で一番関わりを持ちたくない」タイプである。今回の問題の発端となった北方四島交流事業のいわゆる「ビザなし訪問」における問題発言にしても、私は録音を聞いた当初から「こんな酔っ払いにはまともに取り合わなければよかったのに」と思っていた。

1905222

上の写真からリンクされる YouTube 動画中の録音を聞いても、記者の取材中に突然割り込んできた丸山に、訪問団長の大塚小弥太さんが精一杯丁寧に対応しているのがわかる。おそらくとても真面目な方なのだろう。

しかし本来なら、こんな無礼千万なやつにまともに対応する必要はなかった。無視すればよかったのである。無視しても絡んできたら、場所を変えて彼を入れなければいい。少なくとも訪問団の中で、「丸山穂高というのはちょっとエキセントリック過ぎるヤツだから、取扱注意」という情報共有をしておくべきだった。

とにかく徹底してシカトするに限る。こういうタイプにまともに対応するのは、結果として相手に燃料を注入する結果になるだけだ。この事件後の世間の騒ぎ方にしても、この男にさらに無駄な燃料を注入し続けているにすぎない。

"丸山議員の言動に臨床心理士「感情に支配されているのでは」 成功者は “失敗の検証” が少ない?" という記事がある。この中で臨床心理士で明星大学准教授の藤井靖氏は「自分の判断や思考、行動が感情に支配されているということをあまり自覚していないのではないか」と指摘している。鋭い指摘だ。

彼は子どもの頃から優秀で、注目され続けて育ったのだろう。ただ悲しいことに彼は「論理を駆使できる」という優秀な能力を、自分の感情を満足させる方向に限って使い慣れてしまったようだ。巷の人々のためとか、自分の反省のためとかには、アタマを使うことができないカラダになってしまったのである。

ユングの心理学的には、論理と感情は本来対立的なものと位置付けられる。しかし彼の場合は論理を自分の、敢えて言えば幼いままの (だって、「駄々っ子」そのものじゃないか)感情に従属させて(つまり「屁理屈」に落とし込めて)までいろいろなことを口走り、注目を集めることになる。注目されることが彼の燃料であり、存在意義なのだからどうしようもない。

彼の Twitter のジャニーズ系と見まごうようなプロフィル写真をみても、それは感じられるよね。意識しすぎのスマイルがちょっと冷や汗ものだけど。(ここ数年でちょっと酒太りしてしまったようでもある)

というわけで彼はガス欠しかかると、ついますます突飛な言動をしてでも目立ちたがるのが「業」になってしまった。なにしろ「業」だから、意識的、理性的にコントロールするのがとても難しい。それどころかさらに悪いことに、酒の力を借りてでも理性を麻痺させたがる。

こういう男は、まともに取り合わないことである。ただひたすらシカトして、「ガス欠」にしてしまえばいいのだ。気の毒(あるいは残酷?)なことだけど。

 

 

|

« 我ながら「強力な晴れ男」ではある | トップページ | スマホがあれば車載型カーナビは要らないと思うのだが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

文字ニュースでは知っていたけど初めて録音を聞きました(笑)

takさんの論に付け加えて、「立場が人を作る」のだいぶ悪い方に作ってしまった感がありますね。
俺は国会議員なんだぞ、無視するつもりか、という図々しさを感じました。

投稿: らむね | 2019/05/23 08:35

酒癖の悪い超ド級のバカでしかありませんね。
ひっぱたいてやりたいです。
しかし、政治家のレベルの低さにはもううんざり。
選ぶ国民のレベルも大したことがないのかもですが。

投稿: さくら | 2019/05/23 14:39

らむね さん:

>俺は国会議員なんだぞ、無視するつもりか、という図々しさを感じました。

完全に調子に乗りすぎですね。この辺りにも、精神的幼さを感じてしまいます。

投稿: tak | 2019/05/23 19:14

さくら さん:

この人、酒癖が悪いというのを通り越して、アルコール依存症の兆候ありですね。入院した方がいいかも。

投稿: tak | 2019/05/23 19:17

この人は蒲田駅周辺で飲酒に絡む喧嘩をして、「公職中は断酒する、破ったら議員辞職する」と言ったそうです。

「丸山は、北方領土(国後島)に滞在中、宿泊先から外出しようとして、ビザなし訪問団事務局スタッフや政府関係者と揉み合いになった挙句、止められるという騒動を起こした。なお、その際に「女がいる店がある。俺は女が買いたいんだ!」、「俺は国会議員で不逮捕特権がある」などと述べていたという。」

以上Wikiから。
不逮捕特権は国会開会中なんですけどね。
議員の劣化が止まらない(有権者の劣化が止まらない)

投稿: ハマッコー | 2019/05/24 03:10

ハマッコー さん:

この人が議員辞職しないでも、そのうち衆院解散になるでしょうから、その時点で「ただの人以下の人」になります。

下手に目立ちまくったことが災いして、日本中で「取り扱い注意」の人物として名前も顔も知れ渡ってしまいましたから、まともな世界では暮らせないでしょうね。気の毒に。

投稿: tak | 2019/05/24 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我ながら「強力な晴れ男」ではある | トップページ | スマホがあれば車載型カーナビは要らないと思うのだが »