« 「バヤリーズ」に見る日本語の三重母音問題 | トップページ | 国民の愚民化と、マスコミの劣化の相関関係 »

2019/05/31

「七段ピラミッド」だの「四段タワー」だの

「大阪府東大阪市内の小学校運動会で「7段ピラミッド」の組体操が行われるとして、ネット上で安全面への疑問の声が上がり、論議になっている」と伝えられている。東大阪市では、今はどうだか知らないが「4段タワー」(写真右側)なんてものも実施されていたらしい。

1905313

私はこうした組み体操の意義がさっぱりわからない。思い出してみれば私も中学校の時だったか、体育の時間でこの類いの組み体操の練習をさせられたことがある。「体育の時間で」と書いたのはほかでもない。実際の運動会の本番はサボっていたからだ。あんなもの、ばかばかしくてやってられない。

練習の経験から言わせてもらうと、こんなのはちっとも楽しくない。私は体が大きかったから一番下の段で支える担当をさせられたが、重いばかりで何がどうなっているのか、全体像はさっぱりわからない。ただ本番で端から眺める者がスペクタクルを感じて拍手喝采するだけのことだ。

四段タワーなんていうのも練習させられた覚えがある。一番上に乗るのは体の小さいやつだが、降りてきて「おっかなかったぁ!」と言っていたのを覚えている。練習の時に七段ピラミッドが崩れてしまったことがあるのは覚えているが、四段タワーが崩れたら怪我をする確率が高い。

実際にこの手のアトラクションでは過去に怪我人が何人も出ている。他のことでは神経質なまでに危険を避けたがる学校という組織が、こうしたことだけはなぜか「伝統」なんてものを振りかざして続けたがる。

職員会で体育会系の教師が力を持っていて、「止めが方がいい」という声に耳を貸さないのだろう。彼らにかかっては、こうした活動での怪我は「単なるドジ」か「名誉の負傷」のどちらかにされてしまう。

こうした「伝統」なんてものを笠に着たアトラクションの駒にされている子どもたちは、個別の表現欲を無視する圧倒的パワーの中で「単なる手駒」となる感覚を植え付けられてしまう。子どもの頃の私はそれがイヤなので運動会のアトラクションをサボってばかりいたのだよね。

こういうことってかなり大雑把に運営されていたようで、一人や二人がサボっても誰も気付かず、なぜか支障なくやってしまえるもののようなのだ。それがまた不思議である。

 

|

« 「バヤリーズ」に見る日本語の三重母音問題 | トップページ | 国民の愚民化と、マスコミの劣化の相関関係 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

某宗教団体の〇学会の人は私に “うちの学会は文化祭で六段タワーをやるんだぞ” と自慢してましたが、私は “そんな危険なことするなよ” と白けて聞いてました。

宗教団体がやるのは勝手ですが、四段であっても学校でやるのはいけませんね。危険極まりない。誰か死なないと改善できないのか。通学時の安全にはあれほど関心を寄せているのに不思議ですね。

投稿: ハマッコー | 2019/06/01 22:28

職業柄この手の問題は注意しています。
「下っ端が上長の命令に服従し苦痛に耐える美徳」という唾棄すべき価値観の典型だと思いますね。
私は伝統文化を守り過ぎるきらいがありますが、これは否定します。

Yahooニュースで、名古屋大准教授の内田良という方が、こういう学校問題に関する記事をたくさん書いていて、良く読みます。よろしければご一読あれ。
(この方、影響力ではとっくに超教授級だと思ますw)

投稿: らむね | 2019/06/02 08:50

ハマッコー さん:

「文化祭」で「六段タワー」ですか? ちっとも「文化的」とは思えませんがね。

不思議な団体です。

投稿: tak | 2019/06/02 18:37

らむね さん:

>「下っ端が上長の命令に服従し苦痛に耐える美徳」という唾棄すべき価値観の典型だと思いますね。

言い得て妙ですね。

「夫婦は子どもを 3人以上産め」という号令とも何か共通したものを感じてしまいます。

投稿: tak | 2019/06/02 18:38

アタクシが小6のときの運動会では、5段ピラミッド(平面)が花形でしたねぇ。

男女混合で、構成に適した選抜メンバーでした。と言っても女子はスポーツ万能(?)の小柄な子が平面ピラミッドの頂点に1人。

ウチの子の時代、なんか3D感の増したピラミッドが流行ってましたが、ウチの子の学校は、既にやってなかったと思います。(実はうろ覚え…)

アタクシはカラダが横に大きすぎて、ピラミッドの傍で3人ブリッヂの橋桁係でした。

投稿: 乙痴庵 | 2019/06/03 19:35

乙痴庵 さん:

私は運動会というと、本当によくサボってました (^o^)

テキトーに消えてるうちに弁当に時間になり、それからまたテキトーに消えてるうちに終わるって感じでしたね。

ですので、あまりまともな思い出がありません。

どういうわけか、中学校時代の「記録会」というイベント(とにかく陸上競技の記録を取りまくる会)ではシャカリキになって頑張ってましたが (^o^)

投稿: tak | 2019/06/03 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「バヤリーズ」に見る日本語の三重母音問題 | トップページ | 国民の愚民化と、マスコミの劣化の相関関係 »