« JAL と羽田空港第1ビルに関する偏見 | トップページ | トイレットペーパーの「使い切り」とは »

2019/06/22

今回の出張は、晴れ男の本領発揮。次回はどうか

出雲への出張を終えて戻ってきた。先週半ばから週間天気予報を見ていた段階では、今日の出雲地方は曇りのち雨ということだったが、ずっと薄曇り、時には薄日がさすという天気で、傘をさすことは全然なかった。

190622

逆に、夜に取手駅に着いてバスに乗ると小雨が降り始め、途中では本降りになった。さしもの晴れ男の私も、「バス停からは家まで降られるしかないかな」と覚悟していたが、バスを降りると雨は止んでいて、結果、一日中傘をささずに済んだ。晴れ男は梅雨時でもしぶとい。

ネット・ニュースを見ると、「来週 梅雨前線ついに北上、活発化 大雨のおそれも」という日本気象協会発のニュースがあった。「本州から南に離れて停滞していた梅雨前線が、ついに本州付近まで北上してきます」ということで、ようやく本格的な梅雨に突入するらしい。

そんなわけで今回の出張はギリギリ雨には降られずに済んだが、再来週、7月初めに信州の山の中に出張しなければならない。さあ、次回も晴れ男のしぶとさを発揮できるか、今から楽しみである。

 

|

« JAL と羽田空港第1ビルに関する偏見 | トップページ | トイレットペーパーの「使い切り」とは »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JAL と羽田空港第1ビルに関する偏見 | トップページ | トイレットペーパーの「使い切り」とは »