« 再び言う。「丸山穂高をガス欠にするには、シカトし続ければいい」 | トップページ | 2100年の夏は、とんでもない暑さになるらしい »

2019/07/09

JASRAC を通さない「草の根音楽文化」を創りたいものだ

ふゆひー さんが で "JASRAC 音楽教室に「潜入」2年 主婦を名乗り" という朝日新聞の記事に関して "あくまでも感情的なコメントではあるが、少なくとも「音楽」を名乗ってほしくないな、この協会には" と tweet しておいでだ。私も同感である。

1907091

この記事は、JASRAC が職員を音楽教室に「生徒」として送り込んで、いわば「スパイ活動」をさせ、レッスンで練習曲として使われていた曲に関して著作権料を支払えと要求しているというものだ。あくまでも個人的な考えだが、音楽教室のレッスンに使った曲に著作権を主張するなんて、あこぎにもほどがあるだろうよ思う。

そんなことをしていたら、日本の音楽文化をスポイルしてしまうことにつながると思う。つまり JASRAC は自分で自分の首を緩やかに絞め続けているわけで、本当に付き合いきれない団体だ。

ちなみに上の図は、JASRAC 自身がウェブサイトで主張している著作権管理の方法である。左は作詞・作曲をした著作者自身が管理するケースで、右が JASRAC に管理を委託するケースだ。メジャーな音楽の場合は著作者自身では管理しきれないから、ほとんどは右側のケースとなり、JASRAC がしゃしゃり出てくることになる。

それだったら私としては、JASRAC を通さないケースを増やしていけばいいと、単純に思ってしまうのだよね。

多くの一般人が草の根音楽家となり、自分で音楽を作ればいいのだ。そして仲間内の作品を著作権フリーでシェアし合って演奏して楽しむのである。どうせ我々オッサンは同窓会の二次会でカラオケに行っても、平成以降の歌なんか歌えないんだから。もうこれ以上新しめの曲なんかいらないんだし。

こう言っちゃナンだが、私だって自作の曲は何十曲も持ってる。昔、シンガー・ソングライターをしていた頃はあちこちのライブハウスで歌ったものだが、JASRAC に登録なんかしていない。だから仲間内の誰かがどこかのライブハウスで歌ったりもしているようだが、著作権料をもらおうなんて、これっぽっちも思っていない。

そもそも音楽創作というのは、一握りの専門的作詞家、作曲家に独占されるようなものじゃない。ちょっと慣れれば誰でも歌を作れるのだ。多くの民謡、フォークソングは、元々そうしたものである。名も知らぬ誰かが作って歌い継がれるのが、民衆の歌の本来の姿なのだよ。

そうした曲を今の世に増やして、JASRAC とは別の世界でスタンダードを作って行くことも、決して不可能じゃないだろう。「何を夢物語のようなことを」と言われるかも知れないが、今はインターネットがあるから、曲の共有は難しいことじゃないからね。

「草の根音楽文化」を作って行くって、なかなか楽しいことじゃないかと思うがなあ。

 

|

« 再び言う。「丸山穂高をガス欠にするには、シカトし続ければいい」 | トップページ | 2100年の夏は、とんでもない暑さになるらしい »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び言う。「丸山穂高をガス欠にするには、シカトし続ければいい」 | トップページ | 2100年の夏は、とんでもない暑さになるらしい »