« 「暑さ寒さも彼岸まで」というが | トップページ | 3連休に「熱帯擾乱」というのが襲来するらしい »

2019/09/17

"MEGANE" という名のクルマ

今日、ショッピングセンターの駐車場で、"MEGANE" という名のクルマを見つけて、「はぁ、『メガネ』なんて名前のクルマがあったの?」と驚いてしまった。ググってみると、これは「メガネ」ではなく「メガーヌ」というふうに読むらしく、フランスのルノーの車である。

190917

MEGANE って、初めて聞く名前である。どういう意味なのか調べてみると、とくに意味のない造語で、音声的に力強さ、安定感、高級感を感じさせるのだそうだ(参照

お値段が気になってしまうが、ルノーのサイトで調べると、1.6L の GT が 3,399,000円、Sports Tourer GT が 3,599,000円、1.2L の GT-Line が 2,690,000円とある。もろに高いというわけでもないが、決して安い値段でもない。はっきり言って、私なら決して買わない。

ただ、ベンツや BMW などの「いかにも高級外車」というイメージでもなく、「ちょっとオシャレっぽい」感じのフツーのクルマというのが「ウリ」なのだろう。それなら日本車でもいいのがあるじゃないかということにもなりそうだが、この「フランスっぽい感じ」というのがいいのだろうね。

確かに、私がフランスに住むフランス人だったら、これを選ぶかも知れない。なるほどね。

|

« 「暑さ寒さも彼岸まで」というが | トップページ | 3連休に「熱帯擾乱」というのが襲来するらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ただ、ベンツや BMW などの「いかにも高級外車」というイメージでもなく、「ちょっとオシャレっぽい」感じのフツーのクルマというのが「ウリ」なのだろう

そういうことでしょうね。近所にも一台ありますが、「俺、ベンツだよ」みたいな雰囲気もなく、ちょっとおしゃれな感じがいいですね。

最近の国産車はデザインが似ていて没個性ですね。’70年代から’00年代の車の方がいいと思いますね。実際、海外でもとてつもない高額で取引されてるようです。トヨタ2000GTなんて一億円の値が付くようです。スカイラインGTRは500万以上だそうです。

また,こんな例もあります。
https://www.youtube.com/watch?v=6QsBFL1Sw8I
ロシアやオランダにもクラブがあるようです。

投稿: ハマッコー | 2019/09/17 21:59

ハマッコー さん:

YouTube ビデオの「フィガロ」はなかなかいいですね。

調べてみると、これは 1991年から 92年まで販売され、Be-1(1987年)、パオ(1989年)に続く第3弾とあり、要するに日産がバブル期の「お遊び」的にやったもののようです。

お遊びでなく、マジに継続するぐらいの甲斐性があれば、日産も落ちぶれずに済んだのにと思ったりします。

投稿: tak | 2019/09/18 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「暑さ寒さも彼岸まで」というが | トップページ | 3連休に「熱帯擾乱」というのが襲来するらしい »