カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の954件の記事

2017/05/28

受動喫煙対策の法案提出は流れそうだが

受動喫煙対策、今国会への法案提出は困難な情勢」 と伝えられている。自民党の抵抗が大きいらしい。「共謀罪」 は大急ぎで可決されてしまったが、自民党としては受動喫煙対策の方はどうしても嫌がっているもののようなのだ。

170529

まあ、私としては 「自民党なんて、どうせそんなもんさ」 と思っていたから、ことさら怒ろうなんて気にもならない。先月半ばの記事に次のように書いている。

思い切り個人的な視点で言わせてもらえば、それぞれの飲食店が独自の判断で 「喫煙 OK」 ということにしたいなら、そうすればいいと思う。ただし店頭に 「喫煙できます」 などの表示を明確にすることが条件だ。

この表示は、いわば 「ウチの店は空気悪いよ」 という自己申告である。そのくらいのことはしてもらわなければ困る。それさえ叶えば、あとは話は簡単だ。非喫煙者としては、そんな店をボイコットすればいいだけの話である。

店のドアを開けただけで 「おえっ」 となるほどタバコ臭い店は、ことさらボイコットしようと思わなくても自然に足が遠のく。私は出張先で食事しようとしてそんな店しかなかったら (地方都市ではまだ少なくないことだ)、どっかで安い弁当なんかを買って、ホテルの部屋で済ませる。つまりタバコ臭い店は、知らないうちに機会損失している。

早く言えば、受動喫煙対策しない店は、そのうち自然淘汰されるということだ。中には個人事業主で 「この店はどうせ俺一代限りで終わるんだから、せめて俺がやってるうちは喫煙自由にしたい」 なんて思っているオーナーも少なくないだろう。まあ、そうした人たちはどうせ平均寿命が短くてどんどん減っていくから、時間が解決してくれる。

今どき喫煙自由な店というのは、大抵がオヤジのたまり場である。私のイメージとしては、場末のスナックで、ドアをあけると紫っぽい照明の中で、オヤジがカラオケで下手くそな演歌をぼそぼそ歌っているような店だ。いかにも巷の自民党支持者の吹きだまりである。いずれにしても私の管轄じゃないからどうでもいい。

あのオヤジたちは大体 65歳以上の連中だから、10年ぐらい経てば死ぬか寝たきりか、少なくとも自力で自由に出歩けない体になる。そうすれば放っておいても喫煙自由の店は経営が成り立たなくなる。

あるいはそこまで待たなくても、オーナー自身が近いうちに死ぬか寝たきりかになる。なにしろ、がん患者は煙の立ち籠める中で働かなくていいと、自民党国会議員がのたまわっているのだから (参照)、オーナーが肺がんになったら、それで終わりということだ。

というわけで自民党なんかに期待しなくても、喫煙自由な店をしばらくボイコットしていれば、だんだんと自然に世の中が変わる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/21

福島県を通って宮城県入り

つくばの地からクルマで常磐道を通り、宮城県に来ている。この経路はこれまでも数回利用したが、途中の福島県で、原発事故現場に近いエリアを通過すると、路肩のあたりに 「放射線量」 を表示するモニタリング・ポストが出現する。

170520

このモニターで表示される数値は、一昨年の 4月は一番高い双葉町付近で 5.4μシーベルト/時なんてことがあった (参照) が、最近はそれ以下の数字を示していることが多いようだ。今日の数字は、老眼が進んだせいかよく確認できなかったが、3.5 ぐらいだったと思う。

クルマで通過するだけでただちに悪影響を蒙るような数値ではないが、それでもやっぱり人情としていい気持ちはしない。それまで 「外気導入モード」 にしていたカー・エアコンの設定を、「内気循環」 に切り替える。この地域では外気を車内に取り入れる気にはならない。

ここを通り過ぎる度に、「この国は、とんでもない原発事故を起こしてしまった国なのだ」 と、改めて思い知らされる。安倍首相は東京オリンピック招致の際に 「原発は統御されている (under control)」 と言っていたが、言葉の意味がわかって言っているとは思えなかった。

明日はまた同じ道を逆から辿る。そそくさと帰ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

道路交通では、たとえアイコンタクトがあったとしても......

我ながらまったくしつこいと思うが、自転車の逆走についての付け足しである。細い道で、自転車が逆走している方が、「クルマの運転者と対面していてお互いの存在を確認でき、目が合うので、すれ違う時に安心感がある」 との言い分があるが、実際の場面ではアイコンタクトがあったとしても、安心は禁物というお話だ。

170520

2年ちょっと前に、「わずか 20分の間に 2度唖然とした交通事情」 という記事を書いた。その中から少々引用してみよう。横断歩道を渡っている私の目の前に、左側から強引に突っ込んできて、歩道の縁石にぶち当たる自爆事故を起こしてしまったオバサンの話である。

向こうから走ってくるクルマの運転席のオバサンとは、確実に目が合ってさえいて、お互いの存在をしっかり確認できていた。そして相手は、横断歩道の前で十分すぎるほどの余裕を持って停止できるだけのノロノロ運転だったのである。

ところが彼女は、私が横断歩道を渡っている目の前に割り込むように無理矢理かつ強引に突っ込んできて、自爆してしまったのである。ガリガリっと大きな音をさせて、歩道の縁石にバンパーの左前をこすってしまったようだが、こちらはそんなことに関わっているほど暇ではないので、さっさとその場を後にした。

というわけで、アイコンタクトは安全を保証するものじゃない。目が合ったというだけで安心しちゃいけないのだ。世の中にはこんなオバサンも存在するのである。

確かにアイコンタクトがあると、お互いに安心したような気分になることはある。この時も私としては、「目が合って、お互いの存在をしっかり確認したんだから、よもや横断歩道に突っ込んでくるなんてことはあるまい」 と、常識的な判断をした。

とはいえこれがいくら 「常識的な判断」 でも、いつもの私なら、「オバサンは絶対に横断歩道の前で停まらない種族だから、ここはやりすごしておこう」 と、自衛のために思う。ところがこの時の相手は、本当にじれったいほどのチョー・ノロノロ運転だったのだ。それで私も、「これならいくらオバサンでも、停止しないまでも、私が渡り終えるまでには横断歩道にたどり着かないだろう」 と判断したのである。

ところがあろうことか、彼女はこの場面で強引に突っ込んできたのだ。今になってあの場面のタイミングを考えてみると、もしかしたらあのオバサン、少々加速さえしていたかもしれない。だって、「あんなにトロトロ走ってたクルマが、どうして今、俺の目の前で自爆してるの?」 って感じだったからね。

オバサンとしては多分、「目が合って、私のクルマが近付いているのを確認したんだから、あの人は横断するはずがない」 と、ものすごく身勝手な判断をしたのだろう。ところが彼女の意に相違して、私は横断歩道を渡り始めた。

ここで彼女は、咄嗟にムカついた。「まあ! この私と目が合って、クルマが近付いてるとわかってるのに、渡り始めるって、どういうことなの? なんて無神経で、失礼で、無遠慮で、アブない人なの!」

ここまでの彼女の思考は、このように明確に言語化されていたわけじゃないだろうが、後から説明しようとすれば、要するにこういうことだったろう。そして次の瞬間に、「あの無神経な人が渡りきる前に、私の方が急いで通り過ぎなきゃ!」 と、無茶苦茶な発想をした。早く言えば、「あんた、どきなさいよ。私が先よ!」 ってことだ。

ここまでひどい判断をしてしまうと、少々加速してまで私の前をすり抜けようとするまでのプロセスは、ほぼ自動的流れである。それまでのチョー・ノロノロ運転で、横断する私をやりすごしさえすれば何の問題もなかったのに、とんでもない了見違いをしてしまったわけだ。

とにかく、彼女の脳内には 「自分の都合」 しかなかった。確実に言えるのは、横断歩道の手前で停車するという交通法規は、意識にのぼることすらなかったということだ。その結果、驚いて飛び退いた私の目の前で歩道の縁石に 「ガリガリッ!」 と、ミジメな自爆である。結構な高級車だったけどなあ。私が瞬間的に飛び退かなかったら、人身事故になっていたかもしれない。

もし最悪のケースで人身事故になり、治療費を負担することになっても、彼女は決して納得しなかったろう。内心ではあくまでも、「だって、しかたないじゃないの。向こうが急に横断し始めたんだから!」 と思い続けるに違いない。いや、人身事故に至らなかったことだって、「クルマの修理をしなきゃならなくなったのは、急に横断し始めたあの人が悪い」 と、今でも思っているだろう。

とまあ、この体験で私は、「道路では、いくら目が合ってお互いの存在が確認できていたとしても、甚だ自分勝手な判断をする人もいる」 と学んだのである。というか、今回紹介した事例では、「目が合ったからこそ、向こうがより勝手で極端な判断をした」 ともいえる。アイコンタクトって、実は両刃の剣だ。お互いに自分の都合で判断しがちだから。

すべての人がまっとうな遵法意識をもっているとはもとより期待しないが、そんなレベルをあっさり飛び越えて、とんでもない非常識な行為に及ぶ人もいる。とくにオバサンはアブない。これが単なる偏見であってもらいたいが、悲しいかな、私の経験知は 「いや、決して偏見とは言い切れないから、オバサン・ドライバーには気をつけろ」 と囁く。

そして私も命は惜しいから、その囁きに素直に従う。そしてあんな経験をしてからというものは、ことさらなまで素直に従っている。

(上で使用した写真は今回紹介した事例の現場ではない。念のため)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017/05/19

ゆるい左カーブでは、突然逆走自転車が現れる

(この記事は、一度 17日の記事の 「追記」 として書き加えたものだが、結構大事なことなので、しつこいようだが本日付の独立記事としてアップし直すことにした)

こちらがクルマを運転している時でも、はたまた自転車に乗っている時でも、逆走自転車に出くわして一番肝を潰すのは、例えば下の写真のような、ゆるい左カーブを辿っている時だ。

1705172

クルマや自転車で、この写真の手前から向こうに向かって走っている時、左の生け垣の影から突然逆走自転車が現れることがある。それはもう、ちょっちゅうある。なにしろ、このあたりでは、自転車の 80%以上が右側通行してるのだから、日常茶飯事である。こちらがクルマの場合は、急停止せざるを得ないが、相手は絶対に謝りもしない。

向こうから来る自転車がまともに左側通行して、このカーブを大回りしてくれれば、何のことなくすれ違えるのに、このあたりの自転車は、ほとんど逆走して、生け垣の影から突然飛び出してくるのだ。ここは隠れた危険地帯である。

(余計なお世話と言われるかもしれないが、私がこの写真の左の土地のオーナーだとしたら、よりによってこんな背の高い生け垣は設置しない。スカスカで見通しのいいフェンスに取り替えたいところだ。目の前の道路の安全のためには、確実にその方がいい)

「センターラインのないような細い生活道路なら、自転車の右側通行もあり」 なんて、逆走を助長するようなことを言っちゃいけないのは、この写真を見るだけで理解できる。中には平気でそんな指導をする学校の先生もいるらしいが、そんな人は直ちに停職にしてもらいたい。危なくて、子どもを預けられない。

私は自分が歩行者として向こうから右側通行してくる時でも、何となく怖いと思う。出会い頭にクルマや自転車が現れるのを想定して、慎重にならざるを得ない。まあ、繰り返すがこの辺の自転車は 80%以上が右側通行だから、変な話、自転車と出くわすリスクは低いが、クルマと出くわすリスクは十分にある。だから私は往きも帰りも絶対に、この写真の右側の歩道を歩く。

ちなみに、バギーカーに掴まった老人は、歩道の縁石を越えるのがおっくうらしくて、歩道の反対側をヨロヨロと歩く。これはこれでかなり注意しなければならない。なにしろ、彼らがこちらから向こうに行く時は、歩行者として左側通行しているのだから、逆走自転車とは逆走同士になって、下手したら衝突する。逆走自転車で老人に怪我させてしまったら、かなりの責任問題になる。

そして自転車で逆走するようなヤツは、そんなリスクはつゆほども考えていない。これも前に書いたことだが、基本的な情報 (簡単な交通法規とかね) が、すべての人に当たり前に行き渡るなどと考えるのは甘すぎる。まともに生きていくのにどんなに必要で適正な情報であろうとも、それを受け取らない人は、金輪際受け取らない。それは受け取るのを拒否しているのではなく、ただひたすら無意識なのだ (参照)。

歩行者として右側通行する時でさえ恐ろしい気がするのに、よくまあ自転車で平気で逆走できるものだと、私は遠くを見る目で嘆息してしまうのである。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2017/05/18

逆走自転車って、本当に 「チョーヤバ!」

今月 14日、昨日に引き続き、くどいようだが 「逆走自転車」 に関する話である。YouTube で検索してみたら、逆走自転車の多いこと、多いこと。まさに世をはかなむほどである。私も 「我が家の周辺では自転車の 8割以上が右側通行だ」 と書いたが、下の動画を見れば決して大げさな言い方じゃないと実感してもらえるだろう。

この動画をアップした人は、「道路の左端を走行する」 という原則をしっかり守って、逆走自転車を回避するために自ら車道側に膨らむのを敢えて (断固として) 拒否している。だから相手が避けなければ、一瞬 (あるいは一瞬以上) お見合い状態になる。そして逆走自転車というのは、自分からは避けない傾向が強いため、このお見合いがやたら多い。

そしてお見合い状態になっても、逆走側はほとんど謝らない。たまに 「ゴメンね」 程度に軽く会釈する人が、多少は可愛らしく見えてしまうほどで、中には逆ギレするオヤジもいる。つまり逆走する人の多くは、自分が違法行為をしているとの自覚がない。

お見合い状態になる寸前で、逆走自転車の方が避けるケースも少しはあるが、それはそれで結構危ない。遵法走行自転車とその後ろからくるクルマのわずかな隙間に突っ込んで行くなんていうのもあって、そんなケースでは、クルマの運転者としてはかなりの 「ヒヤリハッと」 感覚を味わっているだろう。

この動画にはさらに、単なる逆走以上の複合的危険走行の事例が満載だ。例えば夜間走行の場面では、多くが (というか、ほとんどが) 「無灯火での逆走」 である。ライトが光っているように見えても、ほとんどはこちら側のライトの反射でしかなく、要するに 「マジ、ヤバい」 走行である。

さらにその上を行く危険走行もある。「無灯火」 「傘さし」 「逆走」 という 「危険走行の三冠王」 とも言うべきオバサンが、動画の 2分 10秒あたりに登場する。このオバサンはお見合い状態になっても、無理矢理かつこの上ない強引さで、道路の端をこじ開けるようにすり抜けていく。こういう人がいるから、「オバサンは無敵」 「最強 (最凶)」 などと言われる。

4分 40秒あたりには、逆走車を避けようとして転倒してしまっている遵法走行自転車が録画されている。さいわい大きな怪我はなかったようだが、もし転倒した自転車の直後からクルマが来て轢かれたりしていたら、この逆走車は医療費と慰謝料をかなりの比率で負担することになるだろう。

自転車に乗っていて交通事故の加害者になり、多額の医療費や慰謝料を払うケースも増えており、とくに逆走のケースでは言い訳ができない。そして自転車で右側走行をする人に、その覚悟があるとは到底思えない。

この動画をみれば、自転車の右側通行がいかに危険で、きちんと左側通行をしている自転車にいかに理不尽なリスクを強いているかがわかるだろう。私のこの記事ごときが自転車の逆走を減らすことに大きな効果を発揮するとはとても思えないが、読んだ人が回りに 「逆走自転車ってチョーヤバだよ」 と語ってくれれば、ほんの少しは足しになるかもしれない。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017/05/17

自転車の右側通行は、他人の命を危険にさらす

3日前に 「最強の命知らず」 という記事で、自転車の右側通行がとりもなおさず 「逆走」 であり、とても危険ということについて述べたところ、「自転車の右側通行については、容認派です」 というコメントがついた。仕方がないので、これについてもう一度、念を入れて書く。

170517_3

3日前の記事では、自転車の右側通行について、"これ、クルマの視点からすると 「逆走」 にほかならないので、本当にコワい" と、つい 「クルマ視点」 で書いてしまったが、実際によりコワいのは、こちらも自転車に乗っている時である。自転車で左側を遵法走行している時に、逆送自転車が現れると、マジで身の危険を感じる。

上のイラストを見てもらいたい。図の右上で、きちんと左側通行でこちらに向かっている自転車 A が、あなただとする。そして、あなたの目の前に、オッサンの自転車 B が右側通行で 「逆走」 して来る。

経験則からいうのだが、逆走自転車というのは、自分からは絶対に道を譲らない。ということは、衝突を回避するために、あなたの方が反射的に車道側に膨らんでしまう可能性が高い。

しかし図のように、あなたの後ろからはクルマが迫ってくるのである。へたしたら、あなたはクルマに接触してしまう。最悪の場合は命を失うかも知れない。そしてその大きな原因は、右側を逆走してくる自転車のオッサン B にある。同様に左上の C も、D に理不尽なリスクを強いている。D の後ろからは大型トラックが迫っているかもしれないではないか。

願わくは、あなたが B や C のような逆走自転車乗りになって、遵法走行者を傷つけてしまったりすることがないようにということだ。

【追記】

3日前の記事に、萩原水音さんから次のようなコメントがついた。

以前馴染みにしていたサイクルショップのオーナーと以下のことで同意したのですが、自分が自転車で車道の左端を通行していて、前方から逆走チャリが来た場合、こちらが回避するよりも左端に停まってしまったほうが得策だと。

こちらは法に従って通行している訳ですから、もし逆走チャリがよけてクルマと接触したとしても「危険を感じたので停まった」ということで法的には問題ないはず。

至極妥当なので、私もこれからは逆走自転車が来たら避けないで直ちに左端に停まり、逆走自転車の方が車道側に出て避けることを要求することに決めた。逆走車にはクルマが見えているだけに、車道側に出るのはかなり恐ろしかろうが、違法走行してるのはそっちなんだし、そのくらいのリスクは引き受けてもらう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017/05/14

最強の命知らず

今朝運転しながら、カーラジオを聞いていたら、美輪明宏が 「自転車に乗ってるオバサンは最強 (最凶?) ですからね。どこでも我が物顔で突っ込んで来ます」 と語っていた。その言葉に続いて 「若い人も、男も女も、関係ないですけどね」 と付け加えていたが、やっぱり 「オバサンは最強」 というのは強烈なメッセージではあった。

170514

ここでとりあえず、念のため断っておくが、上の写真は大昔のミヤタのポスター画像で、「オバサンは最強」 というメッセージとは、直接には関係ないのでよろしく。今どきこんな格好で自転車に乗られたら、みんなおそれをなして道を譲る。

ちなみに、混んだ歩道で自転車のベルを立て続けに鳴らしながら突進するのは、やっぱりオバサンに多い気がする。まあ、ここで私も 「オバサンに限らず、若い人も、男も女も」 と付け加えておくが、同じことをされていかにもぶつかられちゃいそうでコワいのは、こう言っちゃ申し訳ないけど、やっぱりオバサンである。

「自転車の傘さし運転は危険」 とこんなにまで言われているのに、晴れた日に日傘をさしてまで自転車に乗るのも、やはりオバサンである。人とぶつかりそうになって、ブレーキをかけるより先に自転車から降りようとしてケンケンし、結局ぶつかってしまうのもオバサンである。ぶつかった際に、自分は自転車から降りちゃってるから、相手だけが怪我をする。

それから、文字通りオバサンに限らず、老いも若きも、男も女も多いのは、自転車の右側通行である。前にも書いたと思うが、我が家の周辺では自転車の 8割以上が右側通行だ。どうやら、「自転車は左側通行」 というルールが知られていないようなのである。これ、クルマの視点からすると 「逆走」 にほかならないので、本当にコワい。

細い道から車道に出ようとして、クルマの運転者がまず最初に気をつけるのは、右側から来るクルマだ。ところが反対の左から、自転車が平気で右側通行 (つまり逆走) してくるので、ヒヤリとすることが多い。

さらに暗い夜道で無灯火で逆走なんかしてこられると、「お前、そんなに死にたいか!」 と言いたくなる。で、信じられないことに、この辺りの自転車は、ほとんどが暗い夜道を無灯火で右側通行したがるのだ。ライトを点けて左側通行してる自転車は完全に少数派になっている。

私は個人的には、自転車で右側通行なんて、考えるだに恐ろしくて、1秒たりともする気にならないし、夜道の無灯火走行も、考えただけでワナワナする。しかし、それを平気でしてしまう人が圧倒的に多いのだ。これは愕然としてしまう事実である。

世の中、本当に命知らずが多い。こんな状態だと 「自転車にも運転免許を」 という主張に、つい同調してしまいそうになる。

【5月 17日 追記】

自転車の右側通行がなぜいけないかについては、本日の記事で詳しく触れた (参照)。要するに、右側通行という 「逆走」 によって、自分ではなく、きちんと遵法で左側通行している自転車を、理不尽な危険にさらすのだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017/05/13

「明鏡止水」 を絵に描いたような光景

この時期の田舎の光景は、かなり美しい。水の張られた田んぼに植えられた早苗がまだ小さく、スカスカの水面にあたりの景色がくっきりと映り込み、上下対称の美が現出する。遠目には田んぼの水面が早苗の緑でうっすらとフィルターがかかったように見えて、なかなかのものだ。

170513

「明鏡止水」 という言葉があって、これは 「一点の曇りもない心」 のこととされているが、そんなもったいぶったことを言わなくても、まさに 「明鏡止水」 を絵に描いたような光景があちこちに見られる。こんな光景を見ていたら、心に 「曇り」 を抱くなんてうっとうしすぎて馬鹿馬鹿しくなる。

それでまた、4月頃まではかなり春風の強い日が多く、田の面にもさざ波どころではない波が立って、周囲の景色がきれいに映り込まないのだが、5月の声を聞くと不思議に風のない日が多くなる。風さえなければ、この時期の田んぼは 「明鏡」 そのものなのだ。今日は残念ながらずっと雨降りでそれは見られなかったが。

で、5月も半ばを過ぎて 6月が近くなると、田んぼの苗も少し大きく育ち、隙間が小さくなる。すると 「明鏡」 の田んぼではなくなるが、今度は青々とした初夏の光景となる。田んぼというのはまあ、田舎の光景をかなり決定づけるほどの要素だ。

このハイテクの時代に、こうした田んぼの光景が周り中にあるというのは、なかなかありがたいことで、都会に住んでいては味わえないものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/11

個人情報管理を巡る冒険

個人情報漏えいが毎度話題になっているが、私の個人情報なんて何十年も前からあちこちに漏れまくっていると諦めている。漏れていなければ、娘の七五三や成人式が近付いたタイミングで、あんなにあちこちの着物屋から DM が殺到するわけがない。

170511

私が 60歳の還暦を迎える年には、「還暦記念旅行」 というニーズを当て込んだのか、あちこちの旅行業者からパッケージ・ツアーの案内が殺到した。おあいにく様、私は仕事で日本中を飛び回っているから、還暦だからといって改めて旅行するなんて気にはなれないのだよ。

さらに今年の夏には、なんとまあ、65歳になるので、さぞかし 「退職記念パッケージツアー」 の案内が殺到するかと思っていたのだが、案に相違して、少なくとも今のところはちっとも来ない。退職なんて話とは無縁の個人事業主ということまでバレているのだろう。蛇の道はへびである。

ところで、自分のメルアドが漏洩しているかどうかを確認できるサイトがある。"have i been pwned?" というサイトで、"pwned" というのは、"owned" のミスタイプから生まれた (O と P のキーは隣同士だからね) ネット・スラングらしい。つまり 「誰かに所有されちゃってる」 ということだ。

試しに私 (tak-shonai) のメルアドを調べてみると、上の写真のように "Oh no - pwned!" という表示が出てきてしまった。一つの違法サイトに漏れていて、他のサイトとの共有はされていないという。考えていたよりはずっとマシな結果である。

このメルアドはそもそも公開しているものであり、パスワードもきちんと管理しているから問題ない。まあ、メルアドが漏れているだけあって、いろいろなジャンク・メールが押し寄せているようだが、がっちりとフィルターをかけているので直接目に触れることもなく、うっとうしさはほとんどない。

問題なのは、メルアドとパスワードがセットで流出して、その同じパスワードを自分の PC のログインはおろか、いろいろなケースで使い回し、しかもずっと変更もせずにいるという場合だ。そうなると、デリケートなプライベート情報まで漏れてしまうリスクが高い。

そうかと思うと、「私の Facebook のパスワード、何でしたっけ?」 なんて電話で聞いてくる御仁もいる。たとえその人のアカウント登録を手伝ってあげたりしても、パスワードなんか礼儀として忘れてしまうことにしているから、そんなことを聞かれても困る。

そんなわけで、パスワードを忘れて自分の Facebook アカウントにログインできなくなってしまい、正規の手続きでパスワード変更をするのではなく、新たに別のアカウントを作ってしまう人が、結構多い。そのため、名前も生年月日も出身校も居住地も同じ人物が、Facebook 上で 2人いたりする。

そうなっちゃった人は、私の知り合いだけで少なくとも 6人いる。そのうち 4人は女性で、1人は同じ名前でアカウントを 3つ持っている。2つアカウントを作って 2つともパスワードを忘れてしまい、3つめまで作っちゃったらしい。

その人にとっては、Facebook には滅多に書き込みをするわけでもなく、ほんのたま〜に友達の書き込みを読むだけだから、問題は全然意識してないのだろう。しかし困ってしまうのは周囲の方で、「この人、Facebook 上に 2人分も 3人分も生息してるけど、実際に生きてるのはどのアカウントなんだ?」 と戸惑うことになる。

いやはや、パスワード管理って、永遠の課題なのかも知れない。私自身も時々忘れて、手書きのメモ帳 (パスワード管理は、これが一番) をめくることがちょっちゅうだからね。

ちなみに PC 起動時のログイン・パスワードをポストイットでディスプレイの縁に貼ってあるなんていう人もいる。こんな人は単純なパスワードも覚えていられないほど、滅多にログインしなくて済んでいるわけなんだから、なまじ PC なんて持たない方がいい。ほとんど役に立てていないくせに、決まって年に一度は人騒がせをやらかす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

今年もまた蚊の季節になって

今年もずいぶん暖かく、というか、暑くなって、いつの間にか蚊に刺されてしまうようになった。ここ、つくば周辺は一時よりはずっと蚊が少なくなったとはいえ、野外で草刈り作業なんかしていると、いつの間にか二の腕の辺りに刺された跡ができていて、痒くてたまらなくなる。

170509

自分のブログを遡ってみると、この辺りで蚊が少なくなったのは、今から 7〜8年ほど前頃からだとわかる。下水道が引かれて、ボウフラのわくドブや水たまりが少なくなったのが、蚊の激減につながったようだ。(参照

とはいえ、都会とは違ってやはり蚊が皆無になったというわけじゃない。蚊取り線香などの対策をしていないと、一夏に何カ所も蚊に刺されてしまうのだ。こればかりは、自然の多い環境にに恵まれた対価だと思って諦めている。

知り合いの女性が先日、「茨城県の蚊の多さにはびっくりしました」 と話していた。と言っても彼女は元々茨城県民なのだが、昨年までは市営住宅の 4階に住んでいたので、夜になっても蚊が飛んでくることはなく、蚊の対策なんて考えたこともなかったと言う。ところがこのほどめでたく結婚し、一戸建ての新居に引っ越したのだ。

「この数週間で、これまで生きてきた 25年分以上の蚊に刺されてしまいました」 と彼女は嘆く。その言葉にはどえらい実感がこもっていて、まことに気の毒な限りである。慣れていないだけに、痒さも半端じゃないのだろう。

彼女の話によると、向かいの家の息子だかなんだかがバイク好きで、古タイヤを何本も庭に放り出しているのだという。その古タイヤの内側に雨水が溜まり、ボウフラが湧いているらしい。そりゃまた、大変な環境だ。

「その古タイヤ、なんとかしてください」 と言いたいのは山々だが、なかなか言い出せないらしい。気の毒なことである。とにかくこれからの季節、雨水が溜まってしまうようなものには極力気をつけが方がいい。余計な蚊まで発生させては、近所迷惑になってしまう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧