2018/09/21

本格的一歩手前の雨の降る暗き空の日今暮れむとす


180921w

天気予報ではかなり本格的な雨になるようなことを言っていたが、実際には 「本格的一歩手前」 の雨だった。

日の沈む頃にはかなり小降りになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/20

花咲かすこと思ひ出し次々に涼しき風に開く木槿よ


180920w

いつもの夏は裏の空き地のムクゲが次々に咲き通すのに、今年は先月初めまで花が極端に少なかった。もう寿命が近付いているのかと思っていたが、実は暑すぎて元気がなかっただけのようだ。

最近少しは涼しくなったので、ようやく咲くことを思い出したらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/19

暑き日のやや傾けばこの年の時節巡りて咲く彼岸花


180919w

土手を散歩すると、紅い曼珠沙華が咲き乱れていた。別名 「彼岸花」 というぐらいだから、秋の彼岸が近付くと一斉に咲き始める。今年のような異常な暑さでも、時期が来ればちゃんと咲くものらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

名を呼べば家の端から端までも疾く走り来てお座りの犬


180918w

都合で娘の飼い犬をしばらく預かっている。人懐こさは天下一品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/17

エアコンのリモコンになど指一本触れたくもなき秋の日暮れよ


180917w

日中は暑かったが、日が沈んでからは涼しさをしっかりと感じる。エアコンのリモコンなど、もはや指一本触れたくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/16

舞ひ降りし白鷺が三歩近付けば青鷺は五歩遠ざかりたり


180916w

川の水門の辺りにアオサギがいて、そこにシラサギが舞い降りた。

シラサギは神経質で用心深く、近くでカメラを向けただけですぐに飛び去るが、アオサギはかなり呑気で、よほど近付いても逃げないというのが、私の印象だった。しかし、ことシラサギ対アオサギの関係性となると別のようで、シラサギが近寄ると、アオサギは距離を置こうとして逃げる。

シラサギが三歩近付くと、アオサギは五歩逃げる。これは意外な光景だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/15

猫じゃらし揺らす涼しき風はまた藪蚊にさへも嬉しきものらし


180915w

少し涼しくなったと思ったら、ヤブ蚊にとっても活動しやすい気温のようで、土手を散歩するとよく蚊に刺されるようになった。猛暑の頃は、蚊も出なかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«薄紅き木槿は今日も秋風の渡る小川の岸に咲くなり