Wakalog は Facebook でフォローできます

このブログの更新は SNS (Facebook、Twitter) でご案内します。下の 「f フォローする」 ボタンをクリックすると、面倒な友達申請なしで、あなたの Facebook に更新案内が表示されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

島原の城下の武家の屋敷跡二百年経ち水仙は咲く


170324w

島原城下の武家屋敷の名残の残る通りを歩いていると、古い門の下に可憐なスイセンが咲いていた。侍とスイセンの対比がおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/23

地の底は燃えさかるものと雲仙の山肌を這ふ流れに知りたり


170323w

長崎県の南部にいる。地名で言えば島原市といわれる辺りだ。途中で雲仙普賢岳も見えた。二十六年前の火砕流を伴った噴火は、個人的にはまだ記憶に新しいところである。あの火砕流の跡は今でも生々しい景色だった。

写真は日が暮れかかった時の眉山、天狗山である。バスターミナルからの景色だが、ごつごつした異様な山容だ。明日は少し時間があるので、市内をいろいろ散策してみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

長崎といへる異国に我はあり港の果てに沈む陽眺め


170322w_2

長崎に来ている。九州だから暖かいだろうと思うのは早計で、天気は悪くないが風は冷たい。長崎港のいつもの帆船の彼方に日は沈んでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

赤ら顔寒の戻りの雨に濡らしただ立ち尽くすバリケンてふ鳥


170321w

”Today's Crack" の方でも触れたが (参照)、つくば市内の公園でバリケンという鳥を初めて見た。それまでは、そんな鳥がいるということすら知らなかった。

まあ、変てこな感じの鳥である。ものすごく呑気で全然人を恐れない。家禽の野生化したものというだけのことはある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

初鳴きといひ得るものか鶯のほけきょほけきょと鳴く声ぞする


170320w

我が家の梅が満開だ。昨年はこの状態になる前に、大風が吹いて台無しになってしまったが、今年は良い感じだ。既に先に咲いた花は散りつつあるが。

梅が咲いたらウグイスは付きものだ。どこかでホケキョ、ホケキョと鳴く声が聞こえる。「ホーホケキョ」 の完成形には、まだ到達していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

下町の水を湛ふる公園の彼方にスカイツリーは霞む


170319w

三連休の中日。東京の下町にいた。スカイツリーがおぼろに見えるのは、春らしい光景である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

目に見えぬ天然酵母の働きで食パンを焼く無骨なまでに


170318w

我が家では三十年以上自家製パンを作っている。しかも三十年以上培養し続けている天然酵母を使っている。

こねるのは私の担当で、焼くのが妻の担当だ。自家製パンというと、菓子パンみたいなのが多いが、我が家のはストロングスタイルのみっちりした食パンである。今回もうまくできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«掃除機の宅配便で届きたり恐ろしきまでの梱包されて