« 霜月十三日に詠める歌 | トップページ | 霜月十五日に詠める歌 »

2004/11/14

霜月十四日に詠める歌

並木なす銀杏の色づき始めたる一本ごとの異なる自然

==========================

icho.jpg木枯らし1号が吹いて、ようやく街路樹のイチョウが色づき始めた。

しかし、同じ道の並木でも、木によって緑のままだったり黄色に染まり始めたりして、その色はさまざまだ。イチョウなのに一様ではないなどと、くだらない洒落を思いついたりしている。

周囲の建物の様子や道の曲がり具合によって、日のあたり方や風の通り方に微妙な差があるのだろうか。目には見えなくとも、一本ずつ違った自然を受け止めているのだろうか。

|

« 霜月十三日に詠める歌 | トップページ | 霜月十五日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月十四日に詠める歌:

« 霜月十三日に詠める歌 | トップページ | 霜月十五日に詠める歌 »