« 霜月十七日に詠める歌 | トップページ | 霜月十九日に詠める歌 »

2004/11/18

霜月十八日に詠める歌

足止めて見惚るるほどの夕焼けも明くれば暗き晩秋の空

==========================

sunset.jpg昨日、関西方面から帰ったばかりだが、今日は昼頃から関西も関東も雨になるという。

昨日はありがたいことに、快晴だった。20年以上、出張先で傘をさしたことがないという 「晴れ男」 記録が、また更新された。

昨日、関東に戻った時は、素晴らしい夕焼けで、足を止めて見とれている人も多くあった。秋の夕焼けは当てにならないというが、本当に今朝はどんよりとした曇り空で、朝から気温は上がらない。だんだんと冬に近づいている。

|

« 霜月十七日に詠める歌 | トップページ | 霜月十九日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月十八日に詠める歌:

« 霜月十七日に詠める歌 | トップページ | 霜月十九日に詠める歌 »