« 水無月十二日に詠める歌 | トップページ | 水無月十四日に詠める歌 »

2005/06/13

水無月十三日に詠める歌

五月晴れに色際立てる薔薇揺らし乾き切ることなく風渡る

=============================

昨日に引き続き、いい天気である。 「五月晴れ」 とは、本来はこうした梅雨の合間の晴れ間を言うのだが、こうして二日も見事に続くと、本来の五月晴れらしくない。

梅雨入り宣言があってから、まともに雨の降るのは 1日か 2日だけで、あとは天気がよくなってしまうというのは、このところ毎年のことのような気がする。

気象庁は大変だが、おかげで薔薇がきれいだ。

ただ、空梅雨気味になると、昨年のように、梅雨の終わり頃に帳尻合わせのような大雨が降ったりする。ごく普通の梅雨が一番ありがたい。

雨が好きという人も、案外多い。梅雨時に生まれたので、雨が降ると心が落ち着くという人もいる。

予報では、あさって頃からまた雨が降りそうだ。風も乾ききるまでにいたらない。

|

« 水無月十二日に詠める歌 | トップページ | 水無月十四日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/4536772

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十三日に詠める歌:

« 水無月十二日に詠める歌 | トップページ | 水無月十四日に詠める歌 »