« 葉月十日に詠める歌 | トップページ | 葉月十二日に詠める歌 »

2005/08/11

葉月十一日に詠める歌

背をかがめ宇治の老舗の低き軒くぐりて京の旅人となる

=========================

昼一番、京都の宇治に着いたばかりだ。京都とはいえ、宇治川を渡る風があるので、ここはまだそれほど暑くはない。

京都の家並みは、軒先が低い。長身の私なぞは、ちょっと背をかがめて入らなければならないような気がする。

駅前の老舗らしいお茶の店で一服。なかなかの風情だ。別次元が広がっている。周りはゆったりとした京言葉。この軒をくぐって、初めて京都の旅人になった気がする。

今日は宇治の某企業を訪問し、夜は京都市内に泊まる予定。明日は一日京の街を散策して帰るつもりだ。

===========================

祇園のホテルに泊まり、夕飯を食いに出かけた際のスナップをサービス。







|

« 葉月十日に詠める歌 | トップページ | 葉月十二日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/5405832

この記事へのトラックバック一覧です: 葉月十一日に詠める歌:

« 葉月十日に詠める歌 | トップページ | 葉月十二日に詠める歌 »