« 水無月九日の歌 | トップページ | 水無月十一日の歌 »

2006/06/10

水無月十日の歌

自らは流れ行きつつ動かざる木々の緑と空映す水


梅雨入りするとすぐに 「梅雨の中休み」 になってしまうのは、最近のお約束だ。それにしても、今年のように梅雨入り翌日というのは、いくらなんでも気象庁が気の毒のような気がする。

ただ、今日は 「梅雨の中休み」 というほどの晴天でもないので、なんとか格好はつく。今年は五月の連休後半以降、ずっとこんな感じである。

裏の小川は、梅雨らしく水かさを増して、その中に岸の木や草が映り込んでいる。流れもかなり速くなっている。

|

« 水無月九日の歌 | トップページ | 水無月十一日の歌 »

コメント

とっても面白視点ですね。

投稿: 七彩乃風 | 2006/06/11 16:49

七彩乃風 さん:

甚だ勝手ながら、アインシュタイン的だと自己評価してます ^^;)。

投稿: tak | 2006/06/12 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/10465146

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十日の歌:

» 梅雨 [沖縄観光]
沖縄では雨が1週間以上も降り続き、そのおかげで今年の夏の水不不足は解消されたものの、地盤が緩んで那覇市のあるマンションはがけに向って崩れ落ちそうになっている。 [続きを読む]

受信: 2006/06/15 14:42

« 水無月九日の歌 | トップページ | 水無月十一日の歌 »