« 睦月三十日の歌 | トップページ | 如月一日の歌 »

2007/01/31

睦月三十一日の歌

立春も来ぬ間にビルの谷間には三寒四温の 「温」 の風渡る


311

今日は四月中旬の暖かさだそうだ。ビルの谷間から見上げる空の色も、冬の凛とした青ではなく、なんとなく霞がかった春の空である。

ところが、明日からはまた寒さが戻ってくるというのだ。暖かくなったり寒くなったりの繰り返しは、見に堪えるが、ふと気付けば、それって、春先の気候の特徴ではないか。

まだ立春にもならないうちから、三寒四温の繰り返しで春が来るのだろうか。どうやら、季節が厳寒期をすっ飛ばして、半月ほど前倒しで進行しているようである。

|

« 睦月三十日の歌 | トップページ | 如月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月三十一日の歌:

« 睦月三十日の歌 | トップページ | 如月一日の歌 »