« 水無月十六日の歌 | トップページ | 水無月十八日の歌 »

2007/06/17

水無月十七日の歌

五月晴れ白き葵は真直ぐなる茎を日ごとに咲き昇り行く


結局、昨日と一昨日は九州だけが雨模様だったようで、関東は上天気で暑かったらしい。十四日に梅雨入りしたはずなのだが、翌日からあっという間に梅雨の中休みになったようだ。

猛暑・小雨の傾向というのは、当たりそうな雲行きだが、こんな年に限って、梅雨明け直前に帳尻合わせの豪雨なんてことがあるから、注意しなければならない。

今日も一日いい天気だった。梅雨らしくないからりとした晴天で、風もさわやかである。さて、これでいいのかなあ。

土手の散歩道にタチアオイの花が咲き始めている。真っ直ぐにたった茎に、ポツポツと白い花が咲いているが、まだまだ蕾の方が多い。中には、ほころび始めて、明日には咲くだろうというようなのもある。

このタチアオイが満開になる頃は、夏本番だろう。

(五月晴れ: 本来は梅雨時の晴れ間 - 念のため)

|

« 水無月十六日の歌 | トップページ | 水無月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/15468007

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十七日の歌:

« 水無月十六日の歌 | トップページ | 水無月十八日の歌 »