« 水無月三日の歌 | トップページ | 水無月五日の歌 »

2008/06/04

水無月四日の歌

五月晴れ暮るる空なほ青き中に刷毛で撫でたる如き黒雲


天気予報は 「曇り」 だったが、実際には青空がのぞいて、梅雨入り三日目にして、もう梅雨の中休みみたいな天気の一日だった。

そういえば、今日は旧暦の五月一日である。ということは、「梅雨の合間の晴れ」 という本来の意味で、これが正真正銘の 「五月晴れ」 だ。

それにしても、取手駅周辺は高低差がはげしい。写真をみると、山の中腹から麓の町を撮ったようなイメージだが、実際は夕暮れ時に、私が借りている駐車場に向かう道から、利根川の方向を写しただけである。

夏の空である。刷毛で撫でたような雲が伸びている。このまま、週末まで晴れたり曇ったりの天気が続くらしい。

|

« 水無月三日の歌 | トップページ | 水無月五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/41402044

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月四日の歌:

« 水無月三日の歌 | トップページ | 水無月五日の歌 »