« 師走十八日の歌 | トップページ | 師走二十日の歌 »

2008/12/19

師走十九日の歌

みちのくの凍ゆる風を羽に受けて白鳥はこの冬を越すなり


Wakalog_081219 母の墓参りのついでに、最上川河口のスワンパークに行ってきた。ここには、例年一万羽以上の白鳥が飛来する。この飛来数は日本一らしい。

とはいえ、日中は、白鳥は庄内平野の田んぼで餌をあさっていて、あまり残っていない。今日も十数羽が見られただけだ。

今年からは鳥インフルエンザ対策で、餌付け禁止、白鳥に近づくことも禁止になっている。なかなか大変だ。

いくら近寄ることを禁止しても、白鳥はあちこちの田んぼで餌をあさるから、あまり意味はなさそうに思うがなあ。

At the mouth of the Mogami River
Bearing freezing  winds blow
Swans sing a song of winter
To make their wings shine and glow

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 師走十八日の歌 | トップページ | 師走二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/43465693

この記事へのトラックバック一覧です: 師走十九日の歌:

« 師走十八日の歌 | トップページ | 師走二十日の歌 »