« ハクモクレン咲きかける | トップページ | 街に溢るる花の色 »

2010/03/19

トム・ウェイツを聞きながら

千九百七十三年の音を聞けば我が底の底にぞこだまする


Wl100319

Twitter 関連の 「ロック名盤ったー」 というサイトで、Yamabe さんが トム・ウェイツ/クロージング・タイ ム』 に喩えられていて、とてもうらやましく思ったついでに、iTunes Store でこのアルバムを買ってしまった。

このアルバムは LP で持ってるんだけど、もう死蔵に近いので、改めて買ってしまったわけだ。で、今それを iPhone で聞きながら常磐線快速電車に乗っている。

一九七三年、私が大学三年の年の録音だ。ものすごくアコースティックな音で、ぐっときてしまう。詩がまたいいんだ。

写真は、夕闇迫る神田駅。ガード下の灯りがちょっといい感じだ。アルバムの雰囲気にほんの少しだけ合うかもしれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ハクモクレン咲きかける | トップページ | 街に溢るる花の色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/47851582

この記事へのトラックバック一覧です: トム・ウェイツを聞きながら:

» 『酔いどれ詩人』〜元祖・ちょいワルオヤジ〜 [面白ブックマーク♪ ]
 もし街で見かけたらオシャレな酔っ払いのオッチャン? 愛しの、“酔いどれ・・・ちょい不良オヤジ”♪^^ その名は、トム・ウェイツ。 歌手、そして俳優。 唯一無二、誰にも真似できないオリジナリティがここにある。 大好きな・・・オッチャン♪ ←ランキング参加中!いま何位?...... [続きを読む]

受信: 2010/03/25 19:41

« ハクモクレン咲きかける | トップページ | 街に溢るる花の色 »