« 千年の杉立つ山に不生にて不滅を観たる空海の久遠 | トップページ | 風に削がれ半球となりし蒲公英の綿毛は風の道を見せゐる »

2010/05/10

実の母も義母もおはさぬ母の日の明けて祥月命日の空


Wl100510

今日は母の祥月命日だ。母の日に近いので、毎年ちゃんと思い出す。

ところで、庄内弁では 「祥月」 も 「正直」 も、「しょっずぎ」 みたいな発音をするので、私は子供の頃、「祥月命日」 を 「正直命日」 だと思っていた。他の月の命日は、「うそんこの命日」 ってことだと解釈していた。

母の命日の朝は晴れ渡っていたが、夕方、少しだけ雨が降った。夜が更けるともう少しまともに降るらしい。

ちなみに、妻の母の命日はお盆だから、これもまた自動的に思い出す。人は死ぬタイミングにも人徳というモノが現れるようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 千年の杉立つ山に不生にて不滅を観たる空海の久遠 | トップページ | 風に削がれ半球となりし蒲公英の綿毛は風の道を見せゐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48325830

この記事へのトラックバック一覧です: 実の母も義母もおはさぬ母の日の明けて祥月命日の空:

« 千年の杉立つ山に不生にて不滅を観たる空海の久遠 | トップページ | 風に削がれ半球となりし蒲公英の綿毛は風の道を見せゐる »