« 夕暮れの茜の空に吹き渡る木枯らし分けて立つ富士の影 | トップページ | 底冷えの中で冷たき両頬をさらに冷たき指でさすりき »

2011/01/11

木枯らしの吹き込む駅の見慣れたる顔も生き返る写真の力

Camera can inspire a life / In a commonplace view / Of Ueno station in winter


Wl110111

今日は朝から密度の濃い忙しさで、夜になってようやく開放されて戻ってきた。

写真は地下鉄日比谷線から地上の JR 上野駅に上がってきたところ。なにげなく iPhone のカメラで撮影したのだが、写真で切り取られた映像だけをみると、どこかヨーロッパの駅ではないかというほどお洒落に見える。まさかあの上野駅とは思われない。

まさに恐ろしきは、写真のフレーミングの力である。余計な部分を切り落としてしまうと、思いがけないイメージになる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夕暮れの茜の空に吹き渡る木枯らし分けて立つ富士の影 | トップページ | 底冷えの中で冷たき両頬をさらに冷たき指でさすりき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/50560164

この記事へのトラックバック一覧です: 木枯らしの吹き込む駅の見慣れたる顔も生き返る写真の力:

» バレンタイン [バレンタイン]
寒い日が続き、家の中に籠っているという人も多いのでしゃないでしょうか? [続きを読む]

受信: 2011/01/12 01:17

« 夕暮れの茜の空に吹き渡る木枯らし分けて立つ富士の影 | トップページ | 底冷えの中で冷たき両頬をさらに冷たき指でさすりき »