« 野の露は雲居の色に染まりゐて草の緑の透きて浮かばず | トップページ | いつになく冷え込む夜半は暖かきうどんで滲む心地良き汗 »

2013/10/03

哀しきは己がブログにコメントしスパムとさるる長き秋の夜


5_2 今日の歌の背景は、もうひとつのブログ "Today's Crack" の本日付の記事を読んで頂ければわかる。

早くいえば、自分のブログにコメント (ほとんどは、コメントへの返信として) をつけようとすると、スパム・コメントと疑われるのである。疑われるだけならまだしも、下手すると完全にスパムと断定されて、書込みを拒否されるのだ。

まったくもって、哀しいお話である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 野の露は雲居の色に染まりゐて草の緑の透きて浮かばず | トップページ | いつになく冷え込む夜半は暖かきうどんで滲む心地良き汗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しきは己がブログにコメントしスパムとさるる長き秋の夜:

« 野の露は雲居の色に染まりゐて草の緑の透きて浮かばず | トップページ | いつになく冷え込む夜半は暖かきうどんで滲む心地良き汗 »