« 木枯らしの吹く坂東の駅前のライブ Georgia On My Mind | トップページ | 青空と冬の刈田の境界に人の暮らしを望む正月 »

2014/01/03

坂東の刈田の彼方沈む陽を見送り戻る初詣の道


Img_7782今日は新年恒例の、初詣ウォーキングをした。我が家から約四キロ先の板橋不動尊まで徒歩で歩き、途中の神社すべてに参拝するので、かなり遠回りになって、かれこれ十二キロぐらいの道のりになる。

これは平成二十年から続けていることで、今年で七回目になる。このウォーキングを難なくこなすことで、「よし、今年もまだまだイケるぞ!」 と思うことができるので、私にとっては重要な行事になってしまっている。

写真は帰路の田んぼの彼方に沈み行く夕陽。今年は陽が沈む前に帰宅できた。去年より調子よく歩けたと思う。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 木枯らしの吹く坂東の駅前のライブ Georgia On My Mind | トップページ | 青空と冬の刈田の境界に人の暮らしを望む正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂東の刈田の彼方沈む陽を見送り戻る初詣の道:

« 木枯らしの吹く坂東の駅前のライブ Georgia On My Mind | トップページ | 青空と冬の刈田の境界に人の暮らしを望む正月 »