« 数日の雨に濡れたる草むらで虫たちの声今日も増したり | トップページ | 夕暮れに僅かばかりの青空をのぞかせ今日といふ日の終はり »

2015/08/31

木の葉散り実の地に落つる頃なれば "fall" といふも腑に落ちたりき


Img_3424近所の路上に、この道路に面した家の庭にある柿の木から実が落ちている。近頃は庭に柿の木があっても、その実を取って食べている家はめっきり減った。鳥についばませ、地面に落下させるだけである。

英語の "fall" (秋) の語源は、葉や実が落ちる季節という説があるが、なるほど、実感である。

百人一首に 「吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ」 という歌があり、正直言って 「下らない歌だなあ」 と思っていたが、自分までそんなような歌を詠もうとは思わなかった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 数日の雨に濡れたる草むらで虫たちの声今日も増したり | トップページ | 夕暮れに僅かばかりの青空をのぞかせ今日といふ日の終はり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62194460

この記事へのトラックバック一覧です: 木の葉散り実の地に落つる頃なれば "fall" といふも腑に落ちたりき:

« 数日の雨に濡れたる草むらで虫たちの声今日も増したり | トップページ | 夕暮れに僅かばかりの青空をのぞかせ今日といふ日の終はり »