« 平らかに流るる川は平らなる水面に人の世を映し行く | トップページ | 日没は日毎一分早まりて散歩の犬もはや通り過ぐ »

2015/10/19

二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる


Img_3789今月末に、赤城山に登ることになった。自分の楽しみではなく、同行取材の仕事で登るのである。

登山は久しぶりで、昔使っていたレインウェアもボロボロになってしまっているので、新たに買い換えた。靴はちょっとした歩きに使っているトレッキングシューズがあるので、それでいいだろう。

仕事とはいえ、ちょっと楽しみである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 平らかに流るる川は平らなる水面に人の世を映し行く | トップページ | 日没は日毎一分早まりて散歩の犬もはや通り過ぐ »

コメント

登山大っ好きです。思わずコメントしたくなっちゃいました。今年の一月に帰国した時に、車がなくても唯一日帰りで行けた山が赤城山でした。お天気が良ければかなり遠く(日本アルプスとか)まで見えます。楽しんで来て下さいね。

投稿: めぐみ | 2015/10/21 11:31

めぐみ さん:

私も40歳頃まではよく登山しました。
それ以後は、ファミリーキャンプに移行して、山登りからは遠ざかっていましたが、また始めてもいいなと思っています。

赤城山は景色良さそうですね。

投稿: tak | 2015/10/23 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62509880

この記事へのトラックバック一覧です: 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる:

« 平らかに流るる川は平らなる水面に人の世を映し行く | トップページ | 日没は日毎一分早まりて散歩の犬もはや通り過ぐ »