« 明くる日は穏やかに晴れ渡るとふ夕暮れ空にその兆し見る | トップページ | 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる »

2015/10/18

平らかに流るる川は平らなる水面に人の世を映し行く


Img_3784鹿嶋市まで行って来た。鹿島アントラーズの本拠のある鹿嶋市である。帰り道の途中で日が暮れ、しばらく西の空に綺麗な残照がのこった。

途中の道は関東平野の中でも大昔は海だったところだから、真っ平らに近い。だから利根川もその支流も、どちらが川上かわからないほど真っ平らである。それでもやはり緩やかに流れてはいる。

穏やかな天気の時はいいが、先月のような大雨になると大変なことになる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 明くる日は穏やかに晴れ渡るとふ夕暮れ空にその兆し見る | トップページ | 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平らかに流るる川は平らなる水面に人の世を映し行く:

« 明くる日は穏やかに晴れ渡るとふ夕暮れ空にその兆し見る | トップページ | 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる »