« 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる | トップページ | 道端に淡きピンクの色をして姫蔓蕎麦とふ花の広がる »

2015/10/20

日没は日毎一分早まりて散歩の犬もはや通り過ぐ


Img_3794日の暮れるのがどんどん早くなる。聞けば、今の季節は日没が一日に一分ずつ早くなっているのだそうだ。一ヶ月で三十分早くなる計算である。

再来月の今頃は冬至に近付いて、四時半頃には日が暮れるようになる。

裏の土手で犬の散歩をさせる人たちも、夏頃だったら六時過ぎの少しは涼しくなった頃に歩いていたのに、今の季節は五時前に通り過ぎる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる | トップページ | 道端に淡きピンクの色をして姫蔓蕎麦とふ花の広がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日没は日毎一分早まりて散歩の犬もはや通り過ぐ:

« 二十年ぶりの登山に靴揃え胸躍らせてその日待ちゐる | トップページ | 道端に淡きピンクの色をして姫蔓蕎麦とふ花の広がる »