« 山肌に目の高さなる雲かかり流るることもなき中央道 | トップページ | 先月に注文したるものならむ百枚束の年賀状届く »

2015/11/03

黄葉の山並み遙か聳え立つ甲武信の谷に白雪の見ゆ


Img_3967 山梨県での仕事を昼までに終え、帰りは国道百四十号線を通って秩父に抜けた。そこからの埼玉県内はところどころエラい渋滞で、大変な時間がかかってしまったが、奥秩父越えの景色がよかったから、満足である。

写真は三富の道の駅から見た甲武信岳。手前の山が見事に黄葉していて、その奥の甲武信岳は谷筋白い雪が見える。いつの間に振ったのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山肌に目の高さなる雲かかり流るることもなき中央道 | トップページ | 先月に注文したるものならむ百枚束の年賀状届く »

コメント

道の駅みとみから甲武信岳は見えないかと思います。写真の山は木賊山で、甲武信岳はその裏側かと思料されます

投稿: wakky | 2015/11/04 08:26

wacky さん:

そうだったんですか。失礼しました。ご指摘ありがとうございます。

投稿: tak | 2015/11/14 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/62610327

この記事へのトラックバック一覧です: 黄葉の山並み遙か聳え立つ甲武信の谷に白雪の見ゆ:

« 山肌に目の高さなる雲かかり流るることもなき中央道 | トップページ | 先月に注文したるものならむ百枚束の年賀状届く »