« 雲薄れ高架の北を見渡せば思ひのほかに筑波嶺ぞ小さき | トップページ | 霜月の枯れ田の彼方陽は落ちて雲の腹さえ暗くなりゆく »

2016/11/03

牛久沼の丘の起伏の彼方なる夕焼けが水に吸ひ取られ行く


Img_7303

「秋の日は釣瓶落とし」 という言い古された言葉が改めて実感される季節になった。自転車で出かけた時は、ペダルをこいでいると汗ばむほどだったが、帰りはいくら漕いでも寒さを感じた。

牛久沼の彼方の夕焼け成分が、沼の水に吸い込まれていく。

|

« 雲薄れ高架の北を見渡せば思ひのほかに筑波嶺ぞ小さき | トップページ | 霜月の枯れ田の彼方陽は落ちて雲の腹さえ暗くなりゆく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/64441058

この記事へのトラックバック一覧です: 牛久沼の丘の起伏の彼方なる夕焼けが水に吸ひ取られ行く:

« 雲薄れ高架の北を見渡せば思ひのほかに筑波嶺ぞ小さき | トップページ | 霜月の枯れ田の彼方陽は落ちて雲の腹さえ暗くなりゆく »