« 平らなる関東平野の 「山路」 にて大盛りかき揚げせいろを食す | トップページ | 木枯らしの吹き止みて漕ぐ自転車のタイヤの音の耳に届けり »

2016/11/16

夕暮れの冬の風受け自転車を漕げば吹き出す汗もなきなり


Img_7433

十日ぶりぐらいで自転車に乗った。往復二十五キロぐらいのものだが、十日も間隔が空くとやはりスピードが落ちる。コンスタントに乗らないとだめだ。

写真は小貝川を渡る橋から撮ったもの。午後四時を少し過ぎたぐらいで、もう夕暮れが迫ってきている。来月は冬至だ。

|

« 平らなる関東平野の 「山路」 にて大盛りかき揚げせいろを食す | トップページ | 木枯らしの吹き止みて漕ぐ自転車のタイヤの音の耳に届けり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/64503575

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの冬の風受け自転車を漕げば吹き出す汗もなきなり:

« 平らなる関東平野の 「山路」 にて大盛りかき揚げせいろを食す | トップページ | 木枯らしの吹き止みて漕ぐ自転車のタイヤの音の耳に届けり »