« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017/01/31

太陽光パネルは美しき曲線を描きて電気起こしてゐたり


170131w

昨日よりは気温が下がったが、安定した冬晴れで、我が家の太陽光発電はきれいな曲線を描いて発電してくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/30

真直ぐなる道路の奥の一点に陽は沈み行き残る夕映え


170130w

最近はハードウェアとしてのカーナビというものを使わず、iPhone アプリの 「Yahoo カーナビ」 というのを使っている。iPhone をアダプターにセットして、ごく普通のカーナビ同様に使うことができる。

今日、いつものように iPhone のカーナビで仕事先から帰ってくる途中、道路の奥に見事な夕焼けが現れた。ダッシュボードにセットしてある iPhone の角度を調整してカメラアプリを起動し、ボタンを押すと、きれいに撮影できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/29

夕暮れの遅くなりたる上州の風にまぶしき光の香り


170129w

今日は群馬県までクルマで往復した。写真は午後三時過ぎの光景。日はだいぶ傾いてはいるが、まだまだ沈みそうではない。かなり日が長くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/28

暖かき南の風の吹き止みて日暮れにははや冷気寄せ来る


170128w

一番寒かった今週半ばまでと比べれば、かなり暖かいとはいえ、やはり日暮れには寒くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/27

南風吹けども春の風ならず夕暮れの空に春を窺ふ


170127w

南風が吹いて暖かくなると言われた割には、それほど暖かいとも思われない一日だった。夕方には風も止み、少しは穏やかになったものの、明日はまた寒くなると言うし、春はまだ遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/26

夕映えに染まれる彼方ただ紅し空も地平もあの山影も


170126_2

近頃、夕映えがとてもきれいだ。何しろ西の地平線に雲がないから、「夕焼け」 ではなく 「夕映え」 と言うほかなない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/25

大寒の寒さの底の底に吹く木枯らしに耐え筑波嶺は立つ


 

170125w

筑波山の写真をちょくちょく使っているが、ここ最近のはいずれも夕暮れ時の写真だった。今日の筑波山は午後の明るい時の写真である。

こうしてみると、姿のいい山だなあと、改めて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/24

雲一つなき夕映えの真ん中に冬の筑波は聳えゐるなり


170124w

一昨日の写真を撮ったのと、ほぼ同じ所から撮った写真である。時刻も大体同じ。今日の写真の方が圧倒的に空気が澄み切っていて、雲もまったく見えない。

日本海側は大雪で大変なことになっているようだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/23

筑波嶺の彼方より吹く木枯らしの刻む波紋は疾く流れ行く


170123w

昨日とは一転して冷たい木枯らしの吹く一日で、裏の川にはコントラストのはっきりした波紋が刻まれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/22

寒中の日射しは広き河川敷を春の如くに照らしゐたりき


170122w

今日の日中は三月並みの暖かい陽気だった。取手市内の利根川河川敷は春のような日射しで、家族連れが野外スポーツを楽しむ姿がちらほらと見えた。

とはいえ、日が暮れてしまうと真冬の寒さに戻ったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/21

寒中の残照受くる筑波嶺を常とは変はる角度より見る


I170121w

だいぶ日が伸びてきた実感がある。茨城の県北からクルマを運転して帰る途中、いつもとは違う角度からの筑波山が見えた。この角度からだと、残照を受けてまったく別の形の山に見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

真夜中に行き降るといふ予報なれど外には白き物の見えざり


170120w

今朝、松戸のホテルを発って、ちらちらと小雪の舞う中を昼前に自宅に戻った。天気予報では夜中に雪が降ると言っているが、まだ降り始めてはいない。こうした予報は、外れてくれる方がうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

大寒の長崎の空曇れども日の沈むまで明るかりけり


170119w

仕事で、長崎まで日帰り出張した。ただ日帰りとはいえ、帰りは夜遅くなってしまってつくばの地までは帰り着けず、都内のホテルで夜を明かすことになった。

思えば長い長い一日だった。東北と北海道を除けば、日本の東の端に近いロケーションの自宅を出たのが夜明け前。そして日本列島の西の端に近い長崎に行ったのである。まだまだ明るいので夕方には遠いと思っていたが、ふと気がつけば五時近かった。今の季節の関東なら、とっくに日が沈んでいる。

慌てて帰り支度をして空港行きのバスに飛び乗り、戻ってきた。

写真は長崎市の西山というところにある水源地から、市内と港を見下ろしたところである。本当に長崎は坂道ばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/18

寒風の吹く川岸に痩せこけて枯れ薄立つただ立ち尽くす


170118w

ここに来て、だいぶ日が長くなってきた。日の沈むのは年末からどんどん遅くなっているが、日の出も少しずつ早くなって日照時間が伸びてきている。

川原にの枯れ薄は、まだ立ち尽くしたままだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/17

西側の外壁の色紅く染め冬の日は今沈み行くなり


170117w

今日も寒いが良い天気だった。夕暮れ時、川向こうの家の西側の外壁が、沈む夕日に紅く染まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/16

日射しのみ明るき里に吹き渡る冷たき風に寒菊は揺る


170116w

寒いには寒いが、日射しは明るい。その明るい日射しの下で、寒菊が風に揺れている。自然というのはおもしろいもので、どんなに寒くても咲く花はある。寒菊も咲けば、今の時期に花を開く梅も桜もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/15

一年で最も遅く昇り来て冷気を分くる紅き朝日よ


170115w

冷気が南下してきているうえに、今は一年で最も夜明けの遅い時期である。七時近くになってようやく林の間から朝日が刺してきた。寒い。マイナス八度以下である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/14

上空に零下四十二度といふ冷気の南下すなる夕暮れ


170114w

寒い。荒涼とした景色である。日本海側は大雪になりそうだ。上空にはマイナス四十二度という冷気がやってくるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/13

川岸に篠竹雪の降るを待つおのれの色を暗きに変へて


170113w

どうやら週末は冷え込むらしい。気圧配置は冬型だが、その西高東低が強すぎて、下手すると雪が山を越えて関東平野にまで越境してくる可能性があるというから、穏やかじゃない。

今日はその前触れなのか、午後になってから空が暗くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/12

ひむがしの空に浮かべる望月の日頃にまして大いなるかな


170112w

今日の満月はスーパームーンというわけではないようだが、結構大きい。スマホで普通に撮影しても、こんなに大きく映るのだから、かなりのものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/11

水平に走る南の地平には雲流れゐて山影もなし


170111w

空がきれいだ。空気も澄んで気持ちがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/10

切れ味の鋭きビルの輪郭を浮き上がらせて陽は沈みたり


170110w

日曜の午後から昨日の朝までは冷たい雨になったが、それからはまた上天気になった。夜になってもすっきりと晴れて、夜景にエッジが立っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/09

ディーゼル車の時折過ぎてその後の静寂長き常総の駅


170109w

昨夜は大荒れだったが、朝になると風は収まり、さらに昼過ぎには穏やかに晴れた。写真は関東鉄道常総線の駅。まだ電化されておらず (永遠にされないだろう)、ディーゼル車が時々通り過ぎる以外は、静寂そのものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/08

自転車をバッグに詰めて辿りたり街灯映る氷雨の道を


170108w

今日は午後三時までは降らないという予報だったので、安心して自転車で出かけたところ、予定より時間がかかってしまい、帰りは暗くなってしまった。

雨は予報通り三時頃から降り始め、しかも思っていたより本降りだったので、仕方なく輪行 (自転車を分解して専用バッグに詰めて、公共交通機関で移動すること) で帰って来た。電車とバスを乗り継いだが、輪行でバスに乗ったのは初めてである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/07

冬空の青きを指してくつきりと立てる欅の影を見つむる


170107w

真っ青な冬空を背景にシルエットのように立つケヤキは、北関東特有の景色のような印象がある。手前はカラマツのようにも見えるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

沈み行く夕日を刷毛で何遍も撫でたるごとき筋雲走る


170106w

今日の夕暮れ時、茨城の県北からクルマで帰ってくる時の写真である。牛久沼を渡る時のものだ。

空を刷毛でなぞったような筋雲が、見事に浮かんでいる。年末から上天気が続いてきたが、だんだん下り坂に向かうのだろう。週末までもってくれればいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/05

一面の枯れ草色の土手腹の緑に変はる松の内かな


170105w

年末からいい天気が続き、とくに三が日までは暖かかったので、一面枯れ草色だった土手に急に緑が増えた。この調子で草に勢いが付いたら、春の彼岸の前に草刈りをしなければならない。まあ、大寒頃にはもう一度枯れてしまうだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/04

筑波嶺の二つの峠さらにまたその奥の坂でペダル漕ぎたり


170104w

今日は自転車で筑波山のヒルクライムをした。不動峠と、名にし負う難坂の風返峠を登り、つつじヶ丘駐車場まで登った。かなりのきつさだったが、チャレンジ成功だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/03

人間が同じコースをひた走りかくも差の付く駅伝てふもの


170103w

今年もまた、箱根駅伝の中継をじっくりと見てしまった。早稲田は途中まで二位をキープしていたが、九区で東洋に抜かれ、三着でゴールイン。まあ、東洋に次ぐ三着ならいいか。来年に期待しよう。

それにしても同じコースを人間が走ってこんなに差が付くのだから、大変なものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/02

正月の二日目の陽は沈みたり何事もなく平穏無事に


170102w

正月の二日目の陽は静かに落ちていった。何事もなく静かな正月である。

箱根駅伝の往路は、早稲田は青学に次ぐ二位だった。東洋に先着したのだから、まずは上々のできである。文句は言えない。

日が暮れてから娘を迎えるために柏までドライブしたら、行きに二件、帰りに一件の交通事故現場に遭遇し、結構な交通渋滞だった。誰もが 「何事も鳴く静かな正月」 を迎えているわけではないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

鶏声は太き脚にて踏みしむる地より涌き出で天に放たる


170101w

あけましておめでとうございます。今年も皆様が健康で過ごされるようお祈りいたします。

今年の年賀状と、それに添えた歌で、本日の和歌とさせていだだきます。絵と歌に関しては、本日の Today's Crack をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »